JOCA活動報告No.51

2018年7月12日-13日

「オーガニックコットン販売士資格検定講座」第5期 24名が受講しました。

今回で第5期目となる当講座。 今期から講義内容をよりオーガニックコットンに関わりのある現場に近い講義内容とし、また、学生の方が参加しやすいように「学割制度」をもうけ、資格取得者と企業様とのマッチングができるよう「インターシップ制度」も用意しました。おかげさまで、昨年より受講生も増え、これまでの最高24名となりました。大学生4名を含め、企業はもちろん、一般からのご参加も多く見受けられました。
講師陣も、新しい情報も加えながら、より深く知識を深めて頂けるようテキストづくり、レジュメ、副資料をまとめて各講座にとりくまれていました。

 




 

初日は基礎知識編。はじめに受講生それぞれが受講のきっかけやオーガニックコットンへの思いなどを自己紹介しながら語っていただきました。オーガニックコットンの綿という原料について、その栽培、産地等詳細な知識、認証、ものづくりまで、3名の講師に加え、ものづくりでは、実践講座として現場に携わる3名の企業を講師としてお迎えしました。

 




 

2日目はファッションジャーナリストの生駒さんによる最新ファッション動向情報をふんだんに盛り込んだ講義。エシカル視点でのオーガニックコットンの位置づけを学びました。
午後は早速筆記試験。学んだばかりの知識を確認しながら、各設問に皆真剣に答えを書き込んでいました。 その後グループワークでテーマ別に意見交換し、グループごとに発表する時間がとられました。

 





 

今回は、初日に受講生の自己紹介からスタートしたためか、グループワークも盛り上がるだけでなく、昼休みや休憩などでお互いに親しくなって、和気あいあいな雰囲気だったためか、例年より講師への質問をする人も少なかったように見受けられました。

 


 

この講座で資格を得て、すぐに生かせる販売の現場から参加した人、今後の業務で役立てようとする人、これから何かを発信、企画していこうという人、それぞれが今後のオーガニックコットン市場の成長につながっていくことを期待しております。
10月には工場・農場見学があります。最終レポートを提出し、全員が試験に合格して資格を取得し、様々な分野で活躍してくれることを願っています。