【ニュース】Earth Day Tokyo 2017 に出展します!!

2017年4月22日(土) – 4月23日(日)
※JOCAブースはA-06

日本最大の地球市民のフェスティバル
今年のテーマが「Lifestyle shift、Now!未来を創ろう!」
希望ある食と農を創ろう!希望ある経済を創ろう!希望あるエネルギーを創ろう!
など希望ある未来のライフスタイルを提案する31の企画が展開されます。
場所は代々木公園。 コンサートやワークショップイベント、アースデイキッチン等々楽しい催物がいっぱいです。皆様是非遊びに来てください。
ご来場案内はこちらから

公式サイト:http://www.earthday-tokyo.org/

Facebook:https://www.facebook.com/earthdaytokyo/

Twitter:http://www.twitter.com/earthday

【ニュース】2017年3月1日 JOCA会員交流会を開催しました!

JOCA会員情報・意見交換の場、会員交流会第2回目。

今回は「GOTS5版説明と経産省企画官による講演会」の後、同じ渋谷の会場で開きました。いつも都内での開催で、なかなか地方からの参加が困難で申し訳ないですが、講演会と合わせて遠く鳥取からご参加いただいた会員様がいらっしゃったことがとても嬉しかったです。 講師として来ていただいた経産省の方々もご出席くださり、出席者それぞれが紹介する事業、製品、活動に耳を傾けておられました。     様々な業態でオーガニックコットンに関わっておられる会員の皆様ですが、競合する部分はあっても、もっと多くの人にオーガニックコットン製品の良さを理解してもらい、購入してもらいたいという気持ちは同じ。 交流会がネットワークづくりの一端を担えるようになればとの思いでこれからも不定期に開催していきます。

20170301-1

20170301-2

20170301-3

20170301-4

【ニュース】2017年1月26日 JOCA会員交流会を開催しました!

JOCA会員の皆様が集い、オーガニックコットン市場の拡大につながる様々な情報・意見交換ができるように、今年から会員交流会を設けていこうということになりました。
まず第1回目を1月26日に開催いたしました。急なご案内だったためご参加いただけた会員様は少数でしたが、JOCA理事、顧問も併せて総勢18名、副理事長に場所をご提供いただき、新年会を兼ねた楽しい会となりました。新しい会員、古くからの会員、理事、顧問、事務局・・・・名刺交換だけでなく、社内での取り組みが紹介されたり、プラットフォームへの投稿の協力を呼び掛けたり、HPへのご意見をいただけたりと、有意義な時間を過ごせました。なんと初対面の会員同士で10分で商談がまとまった話もありました。 企業形態や販売方法、製品がそれぞれ異なっていても、まだまだ小さなオーガニックコットン市場、会員同士で力を合わせて拡大していくためにも、会員同士が集まるこのような機会を継続して開いていきたいと考えます。
次回は3月1日です。交流会前にGOTS報告会や経産省企画官のお招きしてのセミナーもありますので、遠方の会員様も出張を兼ねてご参加いただければ嬉しい限りです。

【ニュース】オーガニックコットンアワード2016 大賞がきまりました!

JOCAは、全国コットンサミット2016 in信州高山村において、オーガニックコットンアワード2016の大賞1件、奨励賞3件を発表し、森理事長よりそれぞれの代表者に、賞状ならびに副賞賞金を授与致しました。

大賞に選ばれたのは、ふくしまオーガニックコットンプロジェクトで、震災後の福島の農と人の復興を目指し、栽培・収穫が難しくとも希少価値のある茶綿に果敢に取組み、栽培から製品販売までを一貫する模範的プロジェクトとして高い評価が集まりました。

また、奨励賞に選ばれた和綿倶楽部は、寒冷地での和綿栽培の可能性を拡げる努力のみならず詳細な記録を残す努力をしておられる点が評価され、境港市農業公社は、在来種の和綿「伯州綿」の復活を地域おこしのテーマとし、自治体・学校・市民が一体となったよきモデルケースとして評価が集まりました。なお、当日お越しになれなかったコミュニティワークスは、綿栽培から製品化まで一貫して福祉作業者の「やりがいのある仕事作り」を目指した活動であることが評価されました。

オーガニックコットンアワードは、オーガニックコットンの普及を目的としてJOCAファミリータグに寄付金を設け、その趣旨に賛同頂く会員の協力に拠り運営しています。JOCAは、困難に立ち向かいつつ国内でオーガニックコットン栽培とその製品化を実践されている方々の活動を、このアワードで奨励し応援していこうと考えています。今後より多くのプロジェクトがアワードに積極的に応募されることを期待しております。

 

image2
image1