日本オーガニックコットン協会理事紹介

理事長  前田 剛(まえだ つよし)


プロフィール/1962年横浜生まれ、国立育ち。(株)チーム・オースリー代表取締役。大学卒業後、広告の企画・制作に携わり、日経新聞社の新聞雑誌企画、広告編集、リゾート&レジャー雑誌では、スキューバーダイビングなどのライセンス取得体験取材などをする。後、赤ちゃん市場を研究する会社を訪問した際に、一般的なコットンの栽培や製品化には、多くの化学的な工程がある実情を知り、オーガニックコットンの意義や魅力に惹かれ、ものづくりの工程の大切さに目覚める。1995年に、純オーガニックコットン専門ブランド「メイド・イン・アース」を夫婦で設立。生活に密接にかかわるコットン素材が本来持つふくよかな風合いを損なわない、ものづくりに徹底的にこだわる。また、和綿を育てるプロジェクト、カンボジア地雷原コットンプロジェクト、布ナプキンの普及活動なども手がける。2016年には、東京国際フォーラムでの第1回オーガニックライフスタイルEXPOに、メイド・イン・アース自由が丘店で、毎月第一土曜日に行っている、オーガニックマルシェ「くらしの天然市場」エリアを展開するなど、イベントにも力を入れている。
アースデイ東京理事、アースデイ東京監事、エコ雑貨協同組合監事を歴任。2016年4月より日本オーガニックコットン協会の理事に就任。
連絡先/152-0035 東京都目黒区自由が丘1-21-3
TEL:03-5701-6633 FAX:03-5701-6635
【オフィシャルサイト】http://www.made-in-earth.co.jp/
【販売サイト】http://madeinearth-store.jp/

 

副理事長  作吉 むつ美(さくよし むつみ)

img_intro_sakuyoshi

プロフィール/オーガニック検査員として 1993 年から活動、現在、国内外数社の認証機関と契約し、有機農場や有機食品の検査活動を行う。また、フェアトレードラベル認証の監査も行っている。検査や認証システムの適切な普及をめざす日本オーガニック検査員協会の代表理事。有機認証関連の講習会の企画や講師を歴任。
連絡先/sakuchan-mu@juno.ocn.ne.jp

 

理 事  森 和彦(もり かずひこ)

img_intro_08mori

プロフィール/1945年箱根生まれの鎌倉育ち、1968年モリタオル(株)入社、1975年同社社長、1994年東京タオル卸商業組合理事長、「タオルの知識」執筆発刊、2002年からスーピマ原綿を直接購入してタオル作りを開始、2005年モリタオル(株)営業譲渡、2006年から私塾「タオル塾」をほぼ毎年開催、同年から大阪タオル工業組合「泉州こだわりタオル」コーディネーター、2007年からJOCA顧問、2009年からGOTS スタンダード・コミティー委員、2010年タオルの製織法で特許取得。
連絡先/東京都新宿区大京町29 番地 作道ビル302 Tel・Fax:03-3341-7200 mori@joca.gr.jp

 

理 事  渡邊 智惠子(わたなべ ちえこ)


プロフィール/1975年株式会社タスコジャパン入社。1983年取締役副社長に就任。1985年株式会社アバンティを設立。2018年代表取締役会長となる。1993年テキサス州アントニオ市に Katan House Japan Inc. を設立。同年、同年日本テキサスオーガニックコットン協会を設立。2000年NPO法人JOCAを設立。副理事長に就任、2019年理事となる。現在もNPOの立場で国内外問わずオーガニックコットンの啓蒙普及活動をしている。2008年「第26回毎日ファッション大賞」大賞受賞。2009年平成20年度新宿区優良企業表彰経営大賞「新宿区長賞」受賞。経済産業省「ソーシャルビジネス55選」の選出。日経ウーマン主催ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010総合7位受賞。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に放映される。
連絡先/(株)アバンティ 東京都新宿区大京町31二宮ビル4F
Tel:03-3226-7789 Fax:03-3226-7580

 

理 事  竹内 宏規(たけうち ひろのり)

img_intro_04takeuchi

プロフィール/1952年京都生まれ。関西学院大学法学部卒業、関西学院大学大学院総合政策研究科博士後期課程単位取得退学。商社にて繊維製品の企画・営業、国内・海外生産、オーガニックコットンSPA事業立上げ。現在、関西学院大学研究員として原発事故などを事例とするリスク社会学研究に取り組む。日本社会学会、環境社会学会、災害復興学会、リスク研究学会、法社会学会その他に所属。公益社団法人日本山岳会、兵庫県山岳連盟、関西学院大学WV部遭難対策委員会他に参加。
連絡先/兵庫県三田市富士が丘3丁目2-1 htakeuchi773018@gmail.com

 

理 事  近藤 健一(こんどう けんいち)

img_intro_05kondo

大手紡績在職中の1995年、インドネシア・ジャカルタで12万錘の大紡績工場建設に携わり帰国。その後米国の昆虫学博士サリーフォックス女史に会い、地球環境を守る大切なお役目、即ち天然繊維であるコットンをオーガニックで育てるというロマンに感銘を受けて以降、紡績に使用する原料はオーガニックコットン・ウール・リネン・シルク等のあらゆる素材を環境と人に優しい素材に転換。
現地農家と協働で独自の素材を開発し日本の繊維産業の感性を高める一つのモデルケースを築く。さらに川上の匠やアパレル、デザイナーと直接コラボレーションし新たな価値観を生み出す。現在㈱おふぃすけんいち代表として活躍中
本社:香川県仲多度郡琴平町五条500-1
携帯:080-8639-0810

 

理 事  木村 彰(きむら あきら)

img_intro_09kimura

プロフィール/1966年京都府宇治市生まれ。
1989年同志社大学経済学部卒、住友銀行(現、三井住友銀行)入行、1994年義父が創業した小林メリヤス(株)に入社、ベビー専業のニット製品製造業として安心で安全なものづくりを目指し、2010年GOTS認証を取得。
連絡先/山梨県南アルプス市桃園924 Tel:055-282-2454 Fax:055-284-3464 info@kobameri.com
http://www.kobameri.co.jp/ (オフィシャルサイト) http://www.cofucu.com (販売サイト)

 

理 事  松岡 良幸 (まつおか よしゆき)


プロフィール/1982年 田村駒株式会社 入社
1993年 三重県で有限会社プレーリードッグ設立、代表取締役に就任。
2000年 大阪本社にてISO9001,14001 品質および環境マネジメントシステム認証取得
日本・米国・欧州・アジアほか国際展示会にも多数出展し、タオル・バッグなど繊維製品を中心に品質・デザインを大切にし企画に創意工夫した商品を積極的に開発しています。
連絡先/
大阪本社 〒541-0052 大阪市中央区安土町3-4-16 船場オーセンビル7F
Tel:06-6263-5228 Fax: 06-6263-5237
東京支店 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目47番11号 青学アスタジオ405
Tel:03-5468-8805 Fax: 03-5468-8859
URL:http://www.prairiedog.com

 

監 事  髙橋 勉 (たかはし つとむ)


1967年埼玉県生まれ。2000年よりJONAで勤務開始、世界中の有機農場をめぐる。2010年JONA副理事長、2011年JONA理事長に就任。「奪い合いと争いのない世界」を夢見て、風土に根差したオーガニックライフの普及を目指す。2018年から、有機農業の日(オーガニックディ)事務局長に就任。

 

 

顧 問  幕内 宣文(まくうち のりふみ)

img_intro_03makuuchi

プロフィール/1932年 北海道生まれ。
1958年群馬大学工学部卒。呉羽紡績株式会社入社、羊毛、綿の染色に従事。
東洋紡績株式会社庄川染色工場長、第一染工株式会社常務取締役を経て、1994年退職。
(社)日本技術士会業務委員会委員、広報委員会委員、倫理委員会委員、日本繊維技術士センター理事を歴任。
現在は技術士事務所テクノマック所長。
連絡先/東京都新宿区大京町29番地 作道ビル302 Tel・Fax:03-3341-7200

 

顧 問  久米 博康(くめ ひろやす)

img_intro_06kume

プロフィール/1935年に創業した日本におけるTシャツ製造の草分け『久米繊維工業』の四代目代表取締役。
早稲田大学在学中より商品企画に参画。その後「思いやりのやさしさあふれるオーガニックコットン」の意義に賛同し、1999年よりオーガニックコットン製Tシャツの国内生産を開始。
現在も定番として生産を続けている。
また繊維メーカーとしては、いち早くISO14001認証を取得しグリーン電力を取り入れるなど、環境への取り組みも進めている。
連絡先/久米繊維工業(株) 東京都墨田区太平3-9-6 Tel:03-3625-4188 Fax:03-3625-2695
info_tokyo_1935@kume.jp http://kume.jp(会社サイト) http://www.t-galaxy.com(販売サイト)

 

顧 問  三好 智子(みよし さとこ)

img_intro_10miyoshi

Global Organic Textile Standard(GOTS:オーガニック・テキスタイル世界基準)地域代表。有機JAS認証機関のNPO法人日本オーガニックアンドナチュラルフーズ協会、NPO法人IFOAMジャパン、ソーシャルデザインカンパニーの毎日アースデイ株式会社 勤務を経て2013年より現職。千葉県木更津市でオーガニックコットンの栽培をしている。
連絡先/メール:miyoshi@global-standard.org HP:http://www.global-standard.org/

 

顧 問  奥森 秀子(おくもり ひでこ)


ファッションデザイナ-、百貨店研究所を経て株式会社アバンティの代表を務める。オ-ガニックコットンの原綿を輸入し糸、生地、製品までを一貫して『メイド イン ジャパン』にこだわった企画製造販売を行っている。持続可能なライフスタイルを追求するブランドPRISTINE(プリスティン)のブランドディレクタ-も務める。女性の幸せをオーガニックコットンを通して広める活動をしている。
連絡先/株式会社アバンティ東京都新宿区大京町31二宮ビル4F ℡03-3226-7789
HP:
https://www.avantijapan.co.jp
https://www.pristine-official.jp/
https://www.pristine.jp/shop/default.aspx