オーガニックコットンとは

オーガニック・コットンは、オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2 ~ 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。
オーガニック・コットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て最終製品となりますが、この全製造工程を通じて、オーガニック原料のトレーサビリティーと 含有率がしっかりと確保され、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものを、オーガニック・コットン製品といいます。

cotton-farm-image-no-pesticide

枯れ葉剤を使用していないコットン畑

cotton-farm-image-pesticide

枯れ葉剤を使用したコットン畑

 

綿花栽培の肥料と農薬事情

普通の綿花栽培では、かなりの量の化学肥料と農薬が使われています。
農薬は害虫駆除、雑草の管理、防カビや殺菌消毒、収穫前の落葉剤などで、国ごとに厳しい規制が設けられていますが、それでも環境や農家の人たちの健康に影響を与えます。
また過剰な化学肥料が土壌に残ると地下水の汚染、土壌微生物の消滅などにより、作物を育てる土壌の力が減少します。
オーガニック・コットンを作ろうと決めた農家は、基準に定められた有機肥料などによる土壌作りを行い、禁止されている農薬の類をいっさい使わないで、転換期のオーガニック栽培を続けなければなりません。
この畑と栽培の実際が第三者認証機関の認証を受けて、初めて「オーガニック・コットン」と表示して販売できる綿花が栽培できるようになるのです。

 

普通の綿とのちがい

収穫されるコットンそのものには、オーガニック綿でも普通の綿でも変わりはありません。
普通に栽培された綿でも、残留農薬はとても少ないので、収穫されたものから科学的なテストなどでオーガニックかどうかを判別することは不可能です。

では、どうやってオーガニック・コットンがオーガニックかどうかを知るのでしょうか。

ここで、認証機関の出番です。
畑をチェックし、農地管理や栽培方法を調べ、オーガニックに沿っているかを確認します。
認証を受けた後でも、毎年、専門の検査員が農場を訪問し、継続して基準どおりに管理しているのかを確かめます。
ですから、オーガニック・コットンの製品は、調べれば、いつ、どこでとれた綿を使っているのかがわかるようになっています。

 

コットンをめぐる環境と人権の問題

1990年代には農薬使用がピークに達し、
殺虫剤などは世界の使用量の20数%が綿の栽培に使われました。
その後、使用量は減らされてきましたが、それでも2008年の段階で、殺虫剤は15.7%も使われていますし、殺虫剤をはじめ落葉剤・除草剤などの農薬全体としては、6.8%を占めています。
綿は農薬集約型農産物であります。

 

又、灌漑によって地下水をくみ上げることで収量を増やしていますが、地下水の枯渇が大きな問題です。
発展途上国による農業は限りなく農民の生活が犠牲になっていることもあげられます。
遺伝子組み換えの種の使用、農薬の使用、それらが栽培を始める前に農民の借金でまかなわなければならない現状と、子供たちが学校にも行けないで労働者として農業に駆り出されている、それで成り立っている綿の栽培の現状は発展途上国による人権問題にもなっています。

農業の部分だけではなく、それを糸にして生地にして製品にする工程においても効率を追い求めれば 薬品に頼ることにもなりかねません。
そこで環境にダメージを与えることになります。

加工場や縫製工場などで働く人たちの環境はどうでしょうか?
昨今の物の値段を見ていると決して良いとは思えないでしょう。

私たちオーガニック・コットンに携わる者たちは、このような現状をいかに改善するかを目標にしています。

 

Made in Japanという品質

北海道から沖縄まで、各産地にはそれぞれの特徴ある繊維加工技術がいまだに残っています。
個性豊かなその技術は世界に誇れます。残念なことにその技術の継承が危ぶまれています。
日本の産地を一つの日本工房として、Made in Japanのオーガニック・コットンを世界に発信して行くことが次なるミッションです。

日本にしか出来ないことは何か、それを極めていくのもこれからのミッションです。