JOCA活動報告No.46

2017年10月21日

「オーガニックコットン販売士資格検定講座」
Session8 農場工場見学ツアー報告

第4期オーガニックコットン販売士資格検定講座受講生にとって最後の講座、オーガニックコットン研修ツアーが行われました。 台風が本州に上陸したあいにくの天候でしたが、受講生他ツアーのみの参加者併せて総勢23名。 山梨南アルプス市にある小林メリヤス株式会社のニット工場(製品生産の現場)と、南アルプスコットン倶楽部の畑(栽培の現場)を訪れ、座学で学んだ知識を確認し体得する有意義な時間を持ちました。
集合時間から雨降りで、しかも午後から大雨の予報。急遽畑見学とおまけ企画だった果樹園訪問を先に済ませることにしました。 果物が豊富な地域だけに、果樹園では葡萄、梨、林檎、洋梨、柿、桃etc.各自が好きな果物をそれぞれゲットしていました。 新鮮なシャインマスカットや梨、林檎が試食もできて皆に好評でした。 果樹園からのパノラマ風景が見られなかったのはちょっと残念でしたが….。

image1
image2

そのまま山を下って南アルプスコットン倶楽部の畑へ。地元の有志が協力し合ってオーガニックコットンを栽培しているプロジェクト。 収穫した綿は製品化されふるさと納税の御礼品になったり地元で有効活用されているそうです。 見学した畑はちょうど綿の収穫を終えたばかりでしたが、一部綿を付けたものも残っていて、傘を差しながらの見学でしたが、皆結構熱心に観察していました。

image3

image4

image5

image6

image7

image8

立派なお屋敷を利用した風情ある食事処で、地元の名物ほうとうを昼食に楽しみました。

image9

image10

image11

image12

昭和24年の創業以来、ベビー・子供服の専業メーカーとして国内生産を続けておられる「小林メリヤス株式会社」で木村社長のレクチャーと工場見学をしました。会社の創業エピソードやCofucuブランドについて、GOTS認証を取得している生産管理体制、ものづくりへの情熱などをお話しいただいた後、工場の各生産工程現場を回りました。
50年以上大事にメンテナンスしながら現役で活躍する機械や先端のCADシステム、従業員の方の熟練技術が合わさって一つ一つの行程を経て完成する製品。効率的な動線や安全性確保のための設備配置など、細かなところまで計算された工場内は、明るくて清潔。 あらためて安全性、衛生面、高品質が求められるベビー衣料生産工場であることを納得させられました。
ニット製品生産には欠かせない工程であるリンキング。作業する熟練の方のスピードに皆ビックリ。何人か希望して指導を受けながら試しの作業をさせてもらいましたがかなり困難で、担当されている方々のスキルがどれほど凄いものかをあらためて知りました。
従業員の皆様には作業中に大勢で見学したにも関わらず、丁寧に、優しく、それぞれの行程を説明いただき、質問にも分かりやすく答えていただき、本当に感謝です。

image13

image14

image15

image16

image17

image18

image19

image20

image21

image22

晴れていれば社屋からも望めるという富士山が見られなかったのはちょっと残念でしたが、座学で履修した知識を現場で確認できる、大変貴重な体験ができた今回のツアーでした。販売士としてこの経験を生かして皆が活躍してくれることを期待しています。