JOCA連載コラム vol.23

遺伝子組換え綿(バイオ綿)の現状

JOCA理事 日比 暉

◆バイオ綿の普及状況

綿花業界では、遺伝子組み換え綿を「バイオ綿」と言っていますので、ここでは「バイオ綿」を
使います。ご存知の通り、オーガニックコットンを含む有機栽培では、遺伝子組換えの種子は
一切使用を認めていません。
今、世界中でバイオ綿はどれほど作られているのでしょうか。
ISAAA(国際アグリバイオ事業団)の調査によりますと、2012/13綿花年度の世界バイオ綿
作付面積は、2,420万ヘクタールで、全綿花作付面積(3,420万ヘクタール、ICAC国際綿花
諮問委員会の調査)に占めるバイオ綿の比率は71%に達しています。


バイオ綿の商業生産国は2012年には15カ国になりました。アルゼンチン、オーストラリア、
ブラジル、ブルキナファソ、中国、コロンビア、コスタリカ、インド、メキシコ、ミャンマー、
パキスタン、南アフリカ、米国などです。ガーナ、ケニア、モザンビーク、ウガンダなどでも
試験生産が行われています。
この中で特に綿花生産大国のインド、米国、中国、パキスタンの4カ国でのバイオ綿生産が
進んでいます。
1996/97年度に初めて3カ国(米国、オーストラリア、メキシコ)で商品化されましたが、
バイオ綿作付け面積は70万ヘクタール(綿花作付総面積の2%)でしたから、その後急拡大
したことが分かります。
バイオ綿の生産高は、ICACの推定では、1996/97年度の60万トンに対して、2011/12
年度には1,860万トンに急増しています。
主な国のバイオ綿の普及状況を見ますと、インド92%、オーストラリア90%、米国81%、
中国67%、メキシコ57%となっており、どの国も、導入後10年ほどの間に急増する傾向が
あることが分かっています。例外は、1カ国、インドネシアで、2002/03年度に導入され、
2005/06年度に法律で生産が禁止されました。また、欧州(ギリシャ、スペイン、トルコ)で
は、まだ導入されていません。
綿花貿易の面では、どの国においても、バイオ綿に対する消費者の拒絶反応の実証的な
根拠は示されていませんし、非バイオ綿の価格と変わりなく取引されているので、意識される
ことなく、輸出入されているものと思われます。

◆バイオ綿の種類

現在普及しているバイオ綿には2つの種類があります。一つは、害虫抵抗性の付与、もう一つ
は、除草剤耐性の付与の2つです。

①害虫抵抗性のバイオ綿は、土壌細菌のBt菌(Bacillus thuringiensis)がつくる殺虫性の
タンパク質の遺伝子を綿種子に組み込んだもので、綿の木がその毒素(Btタンパク質)を作り
出して害虫(幼虫)の消化機能に損傷を与えることによって駆除するものです。Bt綿といいます。
Btタンパク質には、いくつかの種類があり、害虫の種類によって効果が異なりますので、害虫
に合わせて使い分けます。殺虫剤の使用量を減らすというメリットがあります。

②除草剤耐性のバイオ綿は、除草の労力を減らすことを目的とするものです。除草は労力の
かかる作業です。その労力を除草剤散布により軽減しますが、その除草剤によって綿の木も
弱ってしまいます。通常、除草剤は特定の種類の植物にだけ除草効果をもっていますので
(選択性除草剤)、農作物を栽培するのに、いろいろの雑草に対応するため、数種類の除草剤
を散布しなければなりません。そこで非選択性の除草剤を使えば、すべての雑草を1-2回の
散布ですべて枯らすことができます。一方、綿の木には、この非選択性除草剤に耐性を持つ
遺伝子を組み込むことによって、綿の木だけを順調に成育させることを可能にします。この
アイディアは、種子会社にとっては、除草剤と除草剤耐性種子をセットにして独占的に販売
できるというメリットがあるのです。

③Bt綿と除草剤耐性の2つを一つの種子に一緒に付与したものも開発され、併用されています。

◆繊維特性の改良

綿繊維の伸長や形成に関わる遺伝子も特定されており、繊維長を長くする働きのある遺伝子
や繊維強度を増大させる遺伝子が発見されています。保温性の向上、着色した繊維の成育
も遺伝子組換えによって可能となります。民間ベースで自由に遺伝子組換えが行われると、
どのようなことになるのでしょうか?

◆バイオ種子の問題点

バイオ技術の発展による遺伝子組換え技術の向上は、生産コストの削減や生産性向上に
大きく寄与しますので、世界的に急速に普及し、米国ではアプランド綿では、95%は遺伝子
組換えの種子が使われています。しかし、一方では自然生態への悪影響などを危惧する声
も聞かれ、国によっては、使用を認めていないところ、「遺伝子組換え種子使用」の表示を
義務付けているところもあります。有機栽培では遺伝子組換え種子の使用を禁じています。
バイオ種子が急速に普及したのは、なによりも生産面のメリットからと思われます。
害虫駆除の面では、殺虫剤の節減を図ることができます。ただ、害虫の方にも耐性ができ
ますので、耐性害虫に対するバイオ綿開発が必要となり、イタチゴッコのような事態が出て
きています。
また、除草剤耐性の方は、結果として、除草剤の使用量が増加したという調査結果があり
ます。除草剤とバイオ綿がセットになりますので、種子会社にとってはセット販売ができると
いうメリットがあります。
農家にとっては、労力の軽減が最大のメリットかと思われます。イールド(単位面積当りの
生産性)は、バイオ綿の方が高い場合が多いのですが、かならずしもそうでない農地もある
ようです。
害虫駆除の方は、特に開発途上国でよく使われる一方、除草剤耐性の方は、オーストラリア
と米国で人気があります。両方の特性を組み込んだ種子の使用が増えています。
種子の価格は、非バイオ綿より高くなるのは当然ですが、毎年種子を購入しないといけない
こととなり、農家が種子を勝手に扱うことは許されない契約になっていますので、各国で訴訟
問題にまで発展するようなトラブルが種子会社と農家との間に頻繁に発生しているようです。
近代農法で綿花生産を行う大規模農家では、毎年種子を購入播種することは当り前になって
いますが、小規模な伝統的農法の農家では、種子は自分の農地で再生産していますので、
農法を切り替える必要があり、農業の構造を変えることになります。

◆有機栽培と遺伝子組換え

有機栽培では、遺伝子組換え種子は使用禁止となっています。有機栽培は、食用農作物が
多いのですが、綿花もその一員です。有機栽培では、同じ土地で同じ作物を繰り返し栽培
することはほとんどなく、輪作をします。土地土地により作物の組合せは変わりますが、
オーガニックコットンも食用作物と組み合わせて輪作されます。
食用作物の場合は、体に対する影響が分からないので、消費者の反発があります。
米国では、遺伝子組換え作物の製品に「遺伝子組換え」の表示を義務付ける法律をつくって
ほしいという消費者からの運動を、州議会や市議会が法令を通さないように廃案にする事例
が出てきています。
自然の生態への影響は大きな問題です。農地が広大で花粉は移動しますので、悪い影響が
発生する心配があります。バイオ綿だけでなく、すべてのバイオ作物を総合して考える必要
があります。2011年の段階で、バイオ作物は29カ国、1億6,000万ヘクタールの農地で
栽培されています。作付面積から見て、多い作物は、大豆(世界バイオ作付面積の47%)、
トウモロコシ(同32%)、綿花(同15%)となっています。
2012年10月に農林水産省から、次の通達が出ています。

①食用・飼料用としてバイオ綿花の使用を、環境への影響が低いという理由で、認める。
(綿種子は食用油の原料や牛などの高たんぱく飼料としても使用されています。)

②バイオ綿の国内での栽培は認めない。国内で綿花栽培するために綿種子を輸入する場合
は、バイオ綿でないことを、カタログやインターネット、販売店への問合せなどで確認しなけれ
ばならない。

農林水産省では、バイオ作物について、生物多様性に対する影響・環境への影響を心配して
いることがよく分かります。
バイオ作物の急速な普及を受けて、バイオ種子を排除する有機栽培は、その役割・存在意義
がさらに明確なものとなりました。持続可能な農業とは、特許に守られた大化学会社や大種苗
会社によって進められるバイオ作物をベースとするものであっていいのか、これからの地球
環境や農業のあり方に思いをはせる時、多様な小規模農業を守ることも、国の政策として大
切な選択肢ではないかと思われます。バイオ種子ビジネスを世界戦略として進展させている側
からの有機農業に対する圧力は、今後さらに熾烈なものとなることが予想されます。

(以上)

JOCA連載コラム vol.22

日本の綿作りリレー NO3
長野オーガニックコットンTシャツプロジェクト

JOCA副理事長 渡邊 智恵子

長野県上田市にある信州大学繊維学部のキャンパス内に農場があります。
この農場の約2反分にオーガニックコットンを栽培したのが4年前であります。
繊維学部には綿の在来種から外来種合わせて25種類くらいの綿を育て、種の保存
をしています。種の保存だけで、それを糸にして生地にして製品にするという一連の
工程を観える化をしておりませんでした。
わが社は小さい会社ですが、その観える化をしっかりとしてきたつもりでしたので、
わが社がオーガニックコットンの栽培をすることによって学生たちにも工程の一部始終
を勉強してもらえると考えました。

もちろん、一般の人たちにも自分で綿の栽培をしてその綿からT-シャツができるこ
とを体験してもらおうと長野オーガニックコットン t-シャツプロジェクトと名をつけて
公募をして種植えから草取り、収穫をしてもらいt-シャツとしてお返しをするという
斬新な(?)アイディアで皆さんの農業体験を促してきました。

農業のお手伝いをして一万円を払ってそれでt-シャツ一枚をいただくという、
ひょっとして詐欺のようなプロジェクトにも
とても喜んで参加してくださる都会の人たちがいらっしゃるんです。
農業体験はお金を出してもやる!
都会の人たちのNeedsがあることがわかりました。

まぁ、受け入れるほうもそれなりの準備やらがありなかなかと大変なところもありま
すが、それを楽しみと考えないと長続きはしませんね。

でも、やはり農業は楽しいです。
なんというのでしょうか、体の疲れ方が違うんですよね。
大地のエネルギーをチャージできるとでもいうのでしょうか。

この信大の農場では茶綿を植えています。
希少価値があるからね。
でも収穫量は少ないです。
昨年は豊作でした。
この茶綿を入れたt-シャツが今年の6月から販売されます。



次回は福島のオーガニックコットンプロジェクトを載せます。

JOCA連載コラム vol.21

日本の綿作りリレー NO2

“綿作り八郷からのスタート”

JOCA副理事長 渡邊 智恵子

今年の渡邊コラムでは、今までを振り返る意味を込めて
忘れないように、綿作りの経験を綴っていきたいと思っています。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2000年から茨城県八郷町で綿の栽培がスタートしました。
最初の事ですから、手探り状態でやってみました。
最初の年は土の中に種を深く埋めすぎて、芽が出ませんでした。
その経験を踏まえて、次の年はそれを改善し、畑も新しいところに広く植えてみました。
綿を摘んで糸にすることではなく、最初はドライフラワーにしようということで、
枝につけたままビニールハウスで乾燥させましたが、この最初の栽培は
予想をはるかに超えて成長著しい大きな大木のようになってしまいました。
ドライフラワーにしてどこに売る当てがあるわけではありませんでしたから、結局は大きな粗大ゴミになってしまい、最後は燃やしたと思います。栽培を担当してくれた皆さんにご迷惑をおかけした記憶がよみがえってきました。小さい枝なら、畑にすき込むこともできますが、
それができないほどに大きくなってしまったのです。
畑に残っていた化学肥料の影響ですね。やはり2ー3年は土壌から化学肥料は抜け切らないということをこの時に体験しました。
それから3年程連続でこの八郷で挑戦しました。
次の年は根切り虫にやられ、全滅状況でした。
又、シンクイ虫にもやられて、大きく成長した綿を枝がポキポキ折れてしまいました。

結局はこの八郷での綿の栽培は遊びに終わってしまった感じです。
主力の綿の栽培ではないので、そんなことです。
やはり、ど真剣に集中することが大事ですよね。
で、無ければ良き結果は生まれません。

反省です。

これが私の綿の栽培初期の頃の経験です。

つづく

JOCA連載コラム vol.20

Have you cottoned on yet?
「あなたはもうすでに気づいているでしょ?」
あるいは「あなたはまだ気づいてない?」

JOCA理事 森 和彦

ソイル・アソシエーションがGOTSの資金を使って欧米で始めた
オーガニックコットン・イニシアチブ「あなたはもうすでに気づいているでしょ?」
Have you cottoned on yet?キャンペーンを報告しようと思います。
Cottonという言葉が「分かる」とか「好きになる」などの意味の動詞として使われるのですね。

ソイル・アソシエーションはイギリスのオーガニックの古い協会で、子会社に認証機関を持っ
ています。GOTSのIWGのメンバーで、頼りになる仲間です。
今回のキャンペーンは近年サステイナブル・コットン・イニシアチブの範疇で、いくつかのプロ
ジェクトが欧米を中心に活発に活動していて、中にはオーガニックコットンを時代遅れの仕組
みとか認証機関のための仕組みだと中傷する人たちもいます。
まだ企業から見ると、オーガニックより手軽で分かりやすい、消費者にアピールしやすい、など
の理由で参加しているようです。実際に有名な企業の参加も見受けられるようになりました。

私の個人的な見方ですが、このようなイニシアチブがオーガニックとコンベンショナルの中間に
いて、農薬使用を減らすことや、綿花栽培の諸問題をアピールするだけなら、コンベンショナル
が少し良くなるので、このようなイニシアチブも有益と考えて良いと思っていました。ところが中
には遺伝子組換え品種を相当使っているところがある、綿花産地の農民に直接現金給付をす
るので、恵んでくれるのが当然のような甘えが出るなど、いろいろ問題があることが分かってく
ると、安易にサステイナブルと称して大きくなるのは怖いと感じるようになりました。
幸い日本市場では、この手のサステイナブル・コットン・イニシアチブへの動きはまだ少なく、
正規のオーガニックがやっと理解してもらえ始めたところですから、このような大々的なキャン
ペーンはむしろややっこしいことになります。このキャンペーンのスタートは10月4日の香港の
インターストッフ・アジアとテキスタイル・エクスチェンジの年次総会での発表からですが、完訳
を作る必要はないかなと思っていました。
でも今回ブログの材料として良く読んで見ると、JOCAのメンバーが知っておいた方が良いこと
がたくさん書いてあります。そこで完訳をつくり、ウェブに乗せ、このブログで主要なものを拾っ
てみることにしました。


◇世界中の80ヶ国に綿花を栽培している農家は1億人います。
◇BTコットンは豊作も高いイールドも保証しませんし、実際にBTコットンは干ばつや病気など
の外部からのプレッシャーにより傷つきやすいようなのです。
◇遺伝子組換え種子会社モンサントは、今ではインドの綿花種子市場の何と驚くべき95%を
コントロールしています。そのインドは世界のオーガニックコットンの68%を栽培している
のです。
◇「BTコットン栽培で保証されている有益性は実現しない。農家はもっと多くの農薬と化学肥料
を使わなくてはならない。その結果としてインプット(投入資材)のコストが上昇し、利ざやが
減少し、農家の借金漬けと自殺に追い込まれる。」

◇私たちの衣服の製造のインパクトは綿花畑をはるかに超えるように感じられます。
世界環境保護団体グリーン・ピースのダーティ・ランドリー・キャンペーンは、繊維製品製造
工場による危険なケミカルの排水の結果である、毒性の水質汚染に光を当てました。これら
の実践は私たちの貴重なエコシステムと人類の健康に対する、重大で即刻の脅威を提起し
ています。
◇淡水の20%の水質汚染は繊維製品の処理と染色から来ている。
◇綿花は毒性の作物です。耕地面積の2.5%を占めている綿花は、毎年世界中の農業で使わ
れる農薬の総量の7%を使い、殺虫剤の16%を使います。発展途上国では農薬の総使用
量の50%を占めると考えられています。
◇毎年7千7百万人もの綿花労働者が農薬の中毒で苦しんでいます。苦しみは発展途上国で
最も深刻で、そこでは貧困が人々を傷つけやすくし、危険性の理解が不足しているのと、文盲
あるいは不十分な防護服の両方のためです。
◇農薬が命を犠牲にするだけでなく、農薬が小規模農家を借金に陥らせることもあります。
だんだん高くなるので、農薬は綿花生産コストの60%にもなるようで、減少する収入を食べて
しまうと農家は借金に追い込まれます。
◇オーガニックコットンはより少ない水を使い、希少で貴重な将来の資源を守ります。
綿花は水をたくさん使う作物の一つであり、綿花1kgの生産に平均11,000リットルの水を使
います。
◇健康な土壌は雨あるいは灌漑からの水の保持と吸い上げに優れていて、だからオーガニック
の土壌は補給される水の使い方により優れていて、より日照りからの回復も良いのです。
◇合成の農薬や肥料をなくすことにより、オーガニックコットンは水路と飲み水を安全できれいに
保ちます。オーガニックの水の汚染の影響は、オーガニックでない綿花生産よりも98%も少な
いことが示されています。
◇オーガニックコットンの農場はエネルギーの消費も少なく、健康なオーガニックの土壌はより
多くのCO2を蓄え(固定し)ます。
◇コットンのTシャツ1枚の生涯で排出される15kgのCO2e(CO2と同等の地球温暖化ガス)が
排出され、この排出量の14%は綿花栽培で作られます。大量投入の集中的な綿花農業は、
作物の収量を増やすための肥料と農薬の生産や、それを撒くための車両運転のガソリンの
使用でたくさんのエネルギーを使います。作物に撒かれた工場製造の窒素肥料の83%は、
最後には環境中に大量の窒素酸化物をまき散らし、綿花の畑でのガス排出の42%の原因
となります。
◇「オーガニック農業はエコシステムに気候変動の影響をより良く順応できるようにするだけ
でなく、温室効果ガスの排出を削減する大きな可能性もまた提供しています」
◇フェアトレード・コットンの19%はオーガニックで生産されています。

以上が抜粋です。

JOCA連載コラム vol.19

「風評被害」と福島いわきの今

JOCA理事 竹内 宏規

先日、関学大KGコットンプロジェクトメンバーの一員として、福島県いわき市に行って来ました。このJOCAのH.P.にも紹介されている福島コットンプロジェクトの皆さんや支援メンバーを訪問して、その活動を記録映像に残し、DVDに落とし込んで、それぞれが自己発信される際に利用してもらおうとする、学生主体の側面支援活動です。

すでにご承知のことと思いますが、この福島コットンプロジェクトの活動目的の一つは、福島県内で放射線量が基準値以下の地域、もっと言えば明らかに低い地域であるにも関わらず、食用作物を作っても他府県では売れなかったり、価格が大幅に下がって赤字が拡がったり、といったいわゆる「風評被害」に苦しむ農業者に対し、綿の栽培、綿への転作を通じた支援をしようとするものです。

福島では今、小中学校の校舎の入口近くに線量計が設置され大きなデジタル画面で瞬間線量を表示しています。少々驚く光景ですが、その姿勢は全ての情報をオープンにして、その上であらゆる対処をしていこうという、地元の強い意志の表れであるように思います。私たちも、取材する農場の土や棉の木の線量計測を、東北大学大学院原子核物理研究室の小池先生にお願いし、正しい知識と正しい情報を得つつ、この福島コットンプロジェクトを応援しようとしています。

小池先生が、自ら支援される、三春“実生”プロジェクトの紹介をして下さいました。福島県三春町のこのプロジェクトは、国や県に先駆け、小中学生を始め未就学児童、妊婦、高校生などの希望者全員に常時線量計を持たせて結果を集計し、また全国のお寺の協力で各地の線量を計測し、まさに正しい知識と正しい情報を福島から全国に発信しようとするものです。実生とは、三春の桜守が千年先を見据え種から桜の木々を育てることに由来し、実生としての子供達を対象に、この地から種蒔となる活動を始めようとの意だそうです。

被災地は今なお、いや時間の経過と共に、農業者や漁業者のみならずあらゆる業種のあらゆる市民への、先の見えない経済的な苦しみがますます増加しているように思われます。われわれは生活者として、ともすれば「ゼロリスク」を願いがちです。しかしそれだけに固執したり、それ以外は排除する方向に動くとすれば、それはむしろ「絶対安全」思想の裏返しともいえる危険な要素を含むものになるのではないでしょうか。「絶対安全」などというまやかしや「想定外」などという言い逃れを糾明するのとともに、もう一方では一人一人が出来る限り正しい放射線の知識を持ち、被災地の今後や、社会の安全、エネルギー選択について、桜の実生を種から育てる桜守の如く、未来世代を見据えつつあらゆる場面で冷静な議論を醸成していく必要があるように思います。