JOCA連載コラム vol.21

日本の綿作りリレー NO2

“綿作り八郷からのスタート”

JOCA副理事長 渡邊 智恵子

今年の渡邊コラムでは、今までを振り返る意味を込めて
忘れないように、綿作りの経験を綴っていきたいと思っています。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2000年から茨城県八郷町で綿の栽培がスタートしました。
最初の事ですから、手探り状態でやってみました。
最初の年は土の中に種を深く埋めすぎて、芽が出ませんでした。
その経験を踏まえて、次の年はそれを改善し、畑も新しいところに広く植えてみました。
綿を摘んで糸にすることではなく、最初はドライフラワーにしようということで、
枝につけたままビニールハウスで乾燥させましたが、この最初の栽培は
予想をはるかに超えて成長著しい大きな大木のようになってしまいました。
ドライフラワーにしてどこに売る当てがあるわけではありませんでしたから、結局は大きな粗大ゴミになってしまい、最後は燃やしたと思います。栽培を担当してくれた皆さんにご迷惑をおかけした記憶がよみがえってきました。小さい枝なら、畑にすき込むこともできますが、
それができないほどに大きくなってしまったのです。
畑に残っていた化学肥料の影響ですね。やはり2ー3年は土壌から化学肥料は抜け切らないということをこの時に体験しました。
それから3年程連続でこの八郷で挑戦しました。
次の年は根切り虫にやられ、全滅状況でした。
又、シンクイ虫にもやられて、大きく成長した綿を枝がポキポキ折れてしまいました。

結局はこの八郷での綿の栽培は遊びに終わってしまった感じです。
主力の綿の栽培ではないので、そんなことです。
やはり、ど真剣に集中することが大事ですよね。
で、無ければ良き結果は生まれません。

反省です。

これが私の綿の栽培初期の頃の経験です。

つづく

JOCA連載コラム vol.20

Have you cottoned on yet?
「あなたはもうすでに気づいているでしょ?」
あるいは「あなたはまだ気づいてない?」

JOCA理事 森 和彦

ソイル・アソシエーションがGOTSの資金を使って欧米で始めた
オーガニックコットン・イニシアチブ「あなたはもうすでに気づいているでしょ?」
Have you cottoned on yet?キャンペーンを報告しようと思います。
Cottonという言葉が「分かる」とか「好きになる」などの意味の動詞として使われるのですね。

ソイル・アソシエーションはイギリスのオーガニックの古い協会で、子会社に認証機関を持っ
ています。GOTSのIWGのメンバーで、頼りになる仲間です。
今回のキャンペーンは近年サステイナブル・コットン・イニシアチブの範疇で、いくつかのプロ
ジェクトが欧米を中心に活発に活動していて、中にはオーガニックコットンを時代遅れの仕組
みとか認証機関のための仕組みだと中傷する人たちもいます。
まだ企業から見ると、オーガニックより手軽で分かりやすい、消費者にアピールしやすい、など
の理由で参加しているようです。実際に有名な企業の参加も見受けられるようになりました。

私の個人的な見方ですが、このようなイニシアチブがオーガニックとコンベンショナルの中間に
いて、農薬使用を減らすことや、綿花栽培の諸問題をアピールするだけなら、コンベンショナル
が少し良くなるので、このようなイニシアチブも有益と考えて良いと思っていました。ところが中
には遺伝子組換え品種を相当使っているところがある、綿花産地の農民に直接現金給付をす
るので、恵んでくれるのが当然のような甘えが出るなど、いろいろ問題があることが分かってく
ると、安易にサステイナブルと称して大きくなるのは怖いと感じるようになりました。
幸い日本市場では、この手のサステイナブル・コットン・イニシアチブへの動きはまだ少なく、
正規のオーガニックがやっと理解してもらえ始めたところですから、このような大々的なキャン
ペーンはむしろややっこしいことになります。このキャンペーンのスタートは10月4日の香港の
インターストッフ・アジアとテキスタイル・エクスチェンジの年次総会での発表からですが、完訳
を作る必要はないかなと思っていました。
でも今回ブログの材料として良く読んで見ると、JOCAのメンバーが知っておいた方が良いこと
がたくさん書いてあります。そこで完訳をつくり、ウェブに乗せ、このブログで主要なものを拾っ
てみることにしました。


◇世界中の80ヶ国に綿花を栽培している農家は1億人います。
◇BTコットンは豊作も高いイールドも保証しませんし、実際にBTコットンは干ばつや病気など
の外部からのプレッシャーにより傷つきやすいようなのです。
◇遺伝子組換え種子会社モンサントは、今ではインドの綿花種子市場の何と驚くべき95%を
コントロールしています。そのインドは世界のオーガニックコットンの68%を栽培している
のです。
◇「BTコットン栽培で保証されている有益性は実現しない。農家はもっと多くの農薬と化学肥料
を使わなくてはならない。その結果としてインプット(投入資材)のコストが上昇し、利ざやが
減少し、農家の借金漬けと自殺に追い込まれる。」

◇私たちの衣服の製造のインパクトは綿花畑をはるかに超えるように感じられます。
世界環境保護団体グリーン・ピースのダーティ・ランドリー・キャンペーンは、繊維製品製造
工場による危険なケミカルの排水の結果である、毒性の水質汚染に光を当てました。これら
の実践は私たちの貴重なエコシステムと人類の健康に対する、重大で即刻の脅威を提起し
ています。
◇淡水の20%の水質汚染は繊維製品の処理と染色から来ている。
◇綿花は毒性の作物です。耕地面積の2.5%を占めている綿花は、毎年世界中の農業で使わ
れる農薬の総量の7%を使い、殺虫剤の16%を使います。発展途上国では農薬の総使用
量の50%を占めると考えられています。
◇毎年7千7百万人もの綿花労働者が農薬の中毒で苦しんでいます。苦しみは発展途上国で
最も深刻で、そこでは貧困が人々を傷つけやすくし、危険性の理解が不足しているのと、文盲
あるいは不十分な防護服の両方のためです。
◇農薬が命を犠牲にするだけでなく、農薬が小規模農家を借金に陥らせることもあります。
だんだん高くなるので、農薬は綿花生産コストの60%にもなるようで、減少する収入を食べて
しまうと農家は借金に追い込まれます。
◇オーガニックコットンはより少ない水を使い、希少で貴重な将来の資源を守ります。
綿花は水をたくさん使う作物の一つであり、綿花1kgの生産に平均11,000リットルの水を使
います。
◇健康な土壌は雨あるいは灌漑からの水の保持と吸い上げに優れていて、だからオーガニック
の土壌は補給される水の使い方により優れていて、より日照りからの回復も良いのです。
◇合成の農薬や肥料をなくすことにより、オーガニックコットンは水路と飲み水を安全できれいに
保ちます。オーガニックの水の汚染の影響は、オーガニックでない綿花生産よりも98%も少な
いことが示されています。
◇オーガニックコットンの農場はエネルギーの消費も少なく、健康なオーガニックの土壌はより
多くのCO2を蓄え(固定し)ます。
◇コットンのTシャツ1枚の生涯で排出される15kgのCO2e(CO2と同等の地球温暖化ガス)が
排出され、この排出量の14%は綿花栽培で作られます。大量投入の集中的な綿花農業は、
作物の収量を増やすための肥料と農薬の生産や、それを撒くための車両運転のガソリンの
使用でたくさんのエネルギーを使います。作物に撒かれた工場製造の窒素肥料の83%は、
最後には環境中に大量の窒素酸化物をまき散らし、綿花の畑でのガス排出の42%の原因
となります。
◇「オーガニック農業はエコシステムに気候変動の影響をより良く順応できるようにするだけ
でなく、温室効果ガスの排出を削減する大きな可能性もまた提供しています」
◇フェアトレード・コットンの19%はオーガニックで生産されています。

以上が抜粋です。

JOCA連載コラム vol.19

「風評被害」と福島いわきの今

JOCA理事 竹内 宏規

先日、関学大KGコットンプロジェクトメンバーの一員として、福島県いわき市に行って来ました。このJOCAのH.P.にも紹介されている福島コットンプロジェクトの皆さんや支援メンバーを訪問して、その活動を記録映像に残し、DVDに落とし込んで、それぞれが自己発信される際に利用してもらおうとする、学生主体の側面支援活動です。

すでにご承知のことと思いますが、この福島コットンプロジェクトの活動目的の一つは、福島県内で放射線量が基準値以下の地域、もっと言えば明らかに低い地域であるにも関わらず、食用作物を作っても他府県では売れなかったり、価格が大幅に下がって赤字が拡がったり、といったいわゆる「風評被害」に苦しむ農業者に対し、綿の栽培、綿への転作を通じた支援をしようとするものです。

福島では今、小中学校の校舎の入口近くに線量計が設置され大きなデジタル画面で瞬間線量を表示しています。少々驚く光景ですが、その姿勢は全ての情報をオープンにして、その上であらゆる対処をしていこうという、地元の強い意志の表れであるように思います。私たちも、取材する農場の土や棉の木の線量計測を、東北大学大学院原子核物理研究室の小池先生にお願いし、正しい知識と正しい情報を得つつ、この福島コットンプロジェクトを応援しようとしています。

小池先生が、自ら支援される、三春“実生”プロジェクトの紹介をして下さいました。福島県三春町のこのプロジェクトは、国や県に先駆け、小中学生を始め未就学児童、妊婦、高校生などの希望者全員に常時線量計を持たせて結果を集計し、また全国のお寺の協力で各地の線量を計測し、まさに正しい知識と正しい情報を福島から全国に発信しようとするものです。実生とは、三春の桜守が千年先を見据え種から桜の木々を育てることに由来し、実生としての子供達を対象に、この地から種蒔となる活動を始めようとの意だそうです。

被災地は今なお、いや時間の経過と共に、農業者や漁業者のみならずあらゆる業種のあらゆる市民への、先の見えない経済的な苦しみがますます増加しているように思われます。われわれは生活者として、ともすれば「ゼロリスク」を願いがちです。しかしそれだけに固執したり、それ以外は排除する方向に動くとすれば、それはむしろ「絶対安全」思想の裏返しともいえる危険な要素を含むものになるのではないでしょうか。「絶対安全」などというまやかしや「想定外」などという言い逃れを糾明するのとともに、もう一方では一人一人が出来る限り正しい放射線の知識を持ち、被災地の今後や、社会の安全、エネルギー選択について、桜の実生を種から育てる桜守の如く、未来世代を見据えつつあらゆる場面で冷静な議論を醸成していく必要があるように思います。

JOCA連載コラム vol.18

日本の綿作りリレー

JOCA副理事長 渡邊 智恵子

今の綿の栽培のブームは実は兵庫県西脇から始まりました。

1999年に西脇市に始めて訪問しました。昔から先染め織物の産地であった西脇でしたが、
ほとんどが中国に持っていかれ、街全体が沈んでいる時で、それを何とかしたいのでアイデア
が欲しいと当時の我が社の生地を作ってもらっていた機屋さんからの依頼があったからです。
今でいう町おこしの依頼を受けたのです。
インテリアデザイナー兼建築家の方とテキスタイルデザイナーと私と3人で伺いました。
西脇は家内工業がそのまま街を形成しているのが非常に明解に分かる街並みで、隣近所が
すべて機屋でした。それぞれの機屋では長年特徴ある先染めのチェック柄やストライプの
生地を作っていました。いわゆるシャツ地の産地なんです。
私たちの提案は2つにいたしました。

一つは
各それぞれの家、工場の壁面にそれぞれの特徴あるチェック柄を描く事でした。
街並みがチェック柄の壁画を持って統一感を出し、またそれぞれの工場はそのチェック柄に
誇りを持てる事になるでしょう。街を訪問した人たちにとってはそのチェック柄にまつわる
エピソードを知ることが出来、その工場で生地も買えるわけです。
街全体が一つの観光都市になれるのではないかと考え、提案をしました。

もう一つは
綿ばたけであります。
家で作っている生地のルーツ、原料を作ることです。その当時、お米の減反政策真っ只中で
ありました。田んぼがいっぱい耕作されずに放置されていました。いわゆる耕作放棄地が
たくさんあったのです。それを活用し綿の栽培を提案したのです。
その当時から後継者が育たないことが悩みの産地でもありました。今現在を運営している人
たちが自信を持って、誇りを持って仕事をしてくれないと、後継者は育たないです。それは
当たり前のことであります。日本の農家が若い後継者がいないのも、父さん、母さんが農業に
誇りを持っていないからです。それは国の政策そのものがお大きく影響をすることは確かですが、
打つ手は無限であります。
そんな私たちの思いがありました。

この2つの提案のうち、綿の栽培が受け入れられました。

西脇ではまず一反から始まりました。保育園や幼稚園の子供達がタネ植えをして、草取りは
お年寄りの仕事にしてくれて、街全体で綿の栽培に取り組んでくれました。
市の農政の方の積極的な関与も大きな支えでありました。

ここからコットンボール銀行が発足し、今、全国に綿の栽培のブームを作ったのです。

つづく

JOCA連載コラム vol.17

夏の服、クールビズの難しさ

JOCA顧問  作吉 むつ美

北海道などのごく一部を除けば、日本の夏は、湿気との戦いだ。
私が暮らしているのは、静岡県富士市。しかも富士山のむかってゆるやかに勾配のあるところで
標高は250mほど。海沿いほどには気温もあがらないだけでなく、2階は風通しがいいので、
夏の夜にうっかり南北の窓を開け放って寝たものなら、風邪をひきかねない。
子供のころは暑くて眠れないなどの経験はなかったが、昨今は温暖化のせいか、
風のない日は蒸す。
いつの間にか我が家も含めてみなエアコンを使うようになっている。
そう....蒸すのだ!日本の夏なのだ。

巷では、節電とクールビズ商戦が元気に?繰り広げられている。
先日知ったのは、地元のクールビズ。浜岡原発のお膝元、静岡県では県知事自らがモデル
となって、サムライ・シャツ「武襯衣 (MUSHA)」というクールビズを積極的にアピールしている。

http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-560/enshu_textile_musha.html

上は、県民だより2012年5月号なのだが、「オーガニックコットンや....」のくだりがあるので、
まさかこのシャツがオーガニックコットンで?と期待したら、残念、違っていた。
どうせなら一歩踏み込んでほしかったが、まあそう簡単じゃないだろう。
それでも、遠州のメーカーさんが作ったという、オーガニックコットン強撚糸のシャツが気に入っ
ているので、いつか遠州のオーガニックコットン製品(メーカー)めぐりでもしたいと思っている。

それにしても....この写真のモデルの方はまだよいけれど、県知事自らが着用してアピール
しているのをTVでみたが、なんだか似合ってない。いや、正直、“ださい”のだ。議会では何人も
が着ているとか、県庁あたりではこのシャツをきている人が多いとか多くないとか。
似合う方もいるだろうと思いつつ、おしゃれな若者は手をださないだろうなあと思ってしまう。
着心地はどうなんだろうな。
私自身、ラフな服装でOKの場合はよいけれど、夏にオフィシャルな業務で動くときは、ほんとう
に悩む。エアコンに弱いし、アイロンがけは面倒だし....。
みなさんがラフだったりすると、「しまった!」。暑くて脱いだジャケットの下は、汗ばんで皺しわ
になりかかったシャツで恥ずかしい。エアコンが効いているオフィスでは、薄手のスーツで
数時間もいると冷え込んでお腹が痛くなる。日本の夏の服は、ほんと難しい!