【JOCA活動報告№63】2019年度オーガニックコットン販売士資格検定講座<第6期>実地ツアー25名が参加しました。<開催日10月24日>

2019年10月22日~24日 3日間連続講座
10/24 実地(農場工場見学)ツアー講座「山梨県南アルプス市」にて
2019年度オーガニックコットン販売士資格検定講座<第6期>25名が参加

今期(第6期)より3日間連続講座の最終日(10/24)は、農場工場見学ツアーへ。既に2日間の座学講座(10/22.23)でコミュニケーションがとれていたこともあり、3日目のツアーはより一層、クラスメイト同士の横の繋がりも感じられる一日となりました。

<3日目>10月24日(木)
数日前の台風一過の影響での交通事情が心配でしたが、当日は曇り時々晴れでした。第6期の農場工場見学ツアーは、本講座受講生(30名)のうち、今回のツアー参加者は25名。山梨県南アルプスオーガニックコットンPJ.(栽培の現場)と、小林メリヤス株式会社のニット工場(製品生産の現場)を訪れ、10/22.23の2日間の座学講座で学んだ知識を確認し体得していく貴重な経験となりました。

<天ぷら油バスで行く!オーガニックコットンツアー!!>
昨年に続き、オーガニック&エコな旅を目指し、「天ぷら油リサイクルバス」での南アルプスへ。この天ぷら油バスは、ご家庭で揚げ物などに使った植物油・または消費期限切れの油などを、捨てずにリサイクルし、きちんと精製すると、BDF(バイオ・ディーゼル・フューエル)という植物性ディーゼル燃料になります。これを通常のディーゼル車に給油し、燃料として走るバスは、通常と変わらない快適な乗り心地でした。
当日、新宿発着にての移動は、数日前の台風の影響で高速道路の一部で通行止めもあったため、1時間早く集合となりました。また、今年より季節柄の行楽シーズンで渋滞の少ない平日の日程としたためか、前回より早めに解散することができました。
何より、急な時間変更にも拘らず、ご協力頂いた受講生の皆様のチームワークのお陰です。ありがとうございました。

<南アルプスオーガニックコットンpj.農場見学>
南アルプスインターより車で15分程の「南アルプスオーガニックコットンPJ.」にて、代表の田中良治様よりご案内いただきました。IT系会社を経営者でもある田中さんは、三重県より南アルプスに移住され、田頭地区にある遊休農地でオリーブ畑をICT(情報通信技術)化することにより、高齢者がオリーブ栽培家として現役に戻ることで遊休農地の解消にも取り組めるような六次産業化を目指されています。今回見学させて頂いたコットン畑は、寒暖差のある(最低気温5℃:最高気温30℃台)標高600mの約70平方メートルの広さ。昨年同様、畑に足を踏み入れると弾力のある”ふわふわ”な土の柔らかさでしたが、昨年は30キロ程度の棉の収穫のところ、今年は台風等の影響により6キロ程度と予想されているそうです。

昼食は、山梨名物の「かぼちゃほうとう」を舌鼓。

<小林メリヤス㈱工場見学>
昭和24年の創業以来、ベビー・子供服の専業メーカーとして国内生産を続けておられる「小林メリヤス株式会社」で岡島工場長と武川様のレクチャーと工場見学をしました。会社の創業エピソードやCofucuブランドについて、GOTS認証を取得している生産管理体制、ものづくりへの情熱などをお話しいただいた後、工場の各生産工程現場を回りました。

50年以上大事にメンテナンスしながら現役で活躍する機械や先端のCADシステム、従業員の方の熟練技術が合わさって一つ一つの行程を経て完成する製品。効率的な動線や安全性確保のための設備配置など、細かなところまで計算された工場内は、明るくて清潔。 あらためて安全性、衛生面、高品質が求められるベビー衣料生産工場であることを納得させられました。

ニット製品生産には欠かせない工程であるリンキング。作業する熟練の方のスピードに皆ビックリ。何人か希望して指導を受けながら試しの作業をさせてもらいましたがかなり困難で、担当されている方々のスキルがどれほど凄いものかをあらためて知りました。
従業員の皆様には作業中に大勢で見学したにも関わらず、丁寧に、優しく、それぞれの行程を説明いただき、質問にも分かりやすく答えていただき、本当に感謝です。

今回は、昨年より大幅に参加人数が増えたこともあり、工場内の見学も二手に分かれての見学となりました。その待ち時間の間は、前田理事長がご持参頂いた「糸つむぎや綿繰り機など」の体験も行われました。

工場見学を終え、バスに乗り込んだ後、小雨が降ってきましたが、当日は雨に濡れることなく、下記のとおり笑顔での集合写真となりました。また、参加者のレポートによると、前日の2日間の座学で履修した知識を、直ぐに現場で確認できる、大変貴重な体験ができたようです。販売士としてこの経験を生かして皆が活躍してくれることを期待しています。

*天ぷら油バス
https://reborn-japan.com/information/6434
*南アルプスオーガニックコットンpj.
https://www.facebook.com/pages/category/Product-Service/%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3pj-196139654359397/
*小林メリヤス㈱
http://kobameri.co.jp/company/
*甲州ほうとう小作竜王玉川店
http://www.kosaku.co.jp/tenpo-ryuuoutamagawa.html

 

以上、
⇩座学2日間(10/22.23)活動報告№62
活動報告№62

⇩オーガニックコットン販売士資格検定講座 概要
オーガニックコットン販売士資格検定講座 概要 *来年度日程と申込は、決まり次第、本ホームページにてご案内いたします。

【JOCA活動報告№62】2019年度オーガニックコットン販売士資格検定講座<第6期>座学30名が受講しました。<開催日10月22日、23日>

2019年10月22日~24日 3日間連続講座
10/22.23 座学講座「渋谷文化ファッションインキュベーションセンター」にて

2019年度オーガニックコットン販売士資格検定講座<第6期>30名が受講しました。

今回で第6期目となる当講座。今期は、より一層、集中して受講できるように、座学2日間、実地1日の「3日間(10/22.23.24)集中講座」で開催しました。また、より多くの方が参加しやすいように「早期申込割引」を用意しました。おかげさまで、昨年より受講生も増え、これまでの最高30名となりました。学生を含め、企業はもちろん、一般からのご参加も多く見受けられました。
講師陣も、新しい情報も加えながら、より深く知識を深めて頂けるようテキストづくり、レジュメ、副資料をまとめ、今回からは事前に配布するテキストの理解を深めて頂いた上で受講できるように、受講前に配布する「テキスト」を読みながらの「ワークシート」事前提出を加えました。そのためか、受講当日は皆様、講師の話に集中され、また、同じ受講生同士で仲良くされていたのが印象的でした。

<1日目>10月22日(火)
●講座の説明:作吉むつ美氏
(受講~テスト~レポート提出等の一連の流れをご案内)

●Session1:押さえておきたいコットンの基本:森和彦氏
(実際に観察して、触れながら学べます。)

●Session2なぜオーガニック?:三好智子氏
(まずは、オーガニックの世界への一歩)

●Session3大地と農家が生み出すオーガニックコットン:作吉むつ美氏
(グループワークもあり、和気あいあい。)

●Session4確かさをみわけるためにオーガニックテキスタイル認証について:三好智子氏
(深い認証の世界に驚かれる方が多い。)

●Session5オーガニックコットン製品について
【実践事例紹介】(会員様のご協力により)
▼Sion Sion gauze 須崎千代子氏
http://ssgauze.jp/

▼ハーモネイチャー株式会社 阿部高大氏
http://www.harmonature.com/

▼株式会社チーム・オー・スリー 前田剛氏
http://www.made-in-earth.co.jp/

<2日目>10月23日(水)
●Session6エシカルラグジュアリー:生駒芳子氏
(毎年新しい話題を取り込み、新しい気づきに出逢える)

●Session7オーガニックコットン販売士としての知識習得確認:作吉むつ美氏
ワークショップ(グループに分かれて)

▼テスト(テキストを見ながら)
(事前にテキスト配布されているため、テキスト熟読必須!当日は確認のための見直しとしてチャレンジを)

以上、座学2日間(10/22.23)終了し、3日目のツアー(10/24)へ

⇩農場工場見学ツアー(10/24)活動報告№63
活動報告№63

⇩オーガニックコットン販売士資格検定講座 概要
オーガニックコットン販売士資格検定講座 概要 *来年度日程と申込は、決まり次第、本ホームページにてご案内いたします。

JOCA活動報告No.61 オーガニックライフスタイルEXPO2019出展しました!

2019年8月2日~3日 新宿NSビルにて開催された
「第4回オーガニックライフスタイルEXPO」出展しました。

今年4回目となる人気イベントは、テーマ「オーガニック3.0を推進する持続可能な開発目標SDGsの実現に向けて」。

昨年まで東京国際フォーラムで開催されておりましたが、今年は新宿NSビル「イベントホールにて開催されました。会場が変更され、広さも若干縮小されたため心配しておりましたが、お蔭様で二日間で1.8万人の来場者で大盛況でした。

★オープニングセレモニーには、弊協会の新理事長の前田剛が参列させて頂きました。

★JOCAは、GOTSと共同ブースにて出展しました。
「大ホール【纏(まとう)エリアA30ブース

🔲JOCAコーナでは、主に活動の紹介とアーティストTシャツの販売を行いました。
連日、猛暑が続いたため、お陰様で持参したアートTシャツの大人サイズは完売となりました。

<活動紹介>
★今年10月開催の「オーガニックコットン販売士資格検定講座」の案内パンフレット配布等により、多くの申込を頂きました。
なお、引き続き、下記HPにて募集をしております。お待ちしております。
10/22.23.24の三日間集中コースの詳細は下記HPをご覧ください。

★毎月一度、事務局(千駄ヶ谷)にて開催している「オーガニックコットン認証取得説明会」のご案内も行い、多くの企業様がお立ち寄りくださいました。

🔲その他、オーガニックコットン関連の出展社
正会員のメイドインアース様が出展され、ほかにパノコトレーディング様、壷内タオル様、オーガニックガーデン様と、例年より狭い会場のためか若干少ない出展数でしたが、小回りしやすい配置だったためか、何度も訪れていただくお客様も多く、個人的には反応のよいイベントでした。


🔲来年オーガニックライフスタイルEXPOは、2020年17日(木)、18日(金)、19日(土)の3日間、来年9月リニューアルオープンとなる東京都立産業貿易センター浜松町館にて、開催日数も会場の広さ強化されての開催されます。ご期待ください。

https://ofj.or.jp/doc/0618_ole5.pdf

JOCA活動報告№60_5/24セミナー「幸せな経済に向けて、オーガニックにできること」

2019年5月24日 株式会社良品計画 金井会長をお招きし、「中央区立環境情報センター」にて開催いたしました。

令和はじめての「真夏日」の中、お陰様で沢山ご来場(80名超)頂けました。熱心に耳を傾ける方や沢山の質問もあり、「無印良品」や「オーガニック」「幸せな経済」というキーワードへの関心の深さを感じられた。外のじめっとした強い日差しとは違い、会場内ではホッと心まで温まるような空気感に包まれていた。

<特別ゲスト>株式会社良品計画 代表取締役会長 金井政明 氏
https://ryohin-keikaku.jp/
ゲストプロフィール及びセミナー詳細

—————————————————————————————————–

「幸せな経済に向けて、
オーガニックにできること」

様々な視点でのお言葉の数々は、納得することばかりでした。
所感としてまとめさせて頂きました。


幸せですか?
本当に幸せでしょうか?

本当に大切なこととは何かを、自分自身に「問い」続け、
地道に知恵や活動を積み重ねる「生き方」を楽しみ、
そして、他者の役に立てたという「お陰様」という
実感こそが「幸せな人生」に繋がる。
「感じよく暮らし」生活が美しくなれば、
社会も教育も変わっていくと理解しました。

オーガニックコットンの将来は?

小さく丁寧に”オーガニック”を積み上げていくことが大切と思う。
簡単な統計的な数字でない、深いところを考えたロジックが重要。
すべて過剰な現代には、”希少なもの”って何かを考えたい。
意味になるくらいなものを作り、それが物語になった時に、
着るだけでないエモーションが起きてくる。
「小さくても小さくても丁寧に丁寧にやりましょう」

 

無印良品について、社会について、人間について、環境についてを丁寧に解説していただく中、今後の在り方(思想)について考えさせられる時間となった。

下記の通り、あらゆる環境や想いからセミナーにご参加頂いた皆様のメッセージからも感じられるように、金井会長より沢山の応援メッセージを受け取られたようです。
ご参加いただき、ありがとうございました。

●来場者からのアンケートのメッセージより

・なぜ無印良品がこれほど世界で愛されるのか理由がわかった
・諦めの「これでいい」と逃げている自分に改めて向き合わねばと思える時間でした
・また第2弾をお願いしたい。オーガニック以外の話が聞けたことが大変よかった
・無印良品のコンセプトを改めて感じると共に、”幸せ”について考えるきっかけとなった
・色々と考えさせられる内容で非常に面白かった
・良い暮らしや生き方を考える点で理にかなっていると思った
・普段知っているMUJIと全く知らないMUJIが知れて興味深かった
・オーガニックに関しては殆ど触れていなかったけれど、物事の改善は多角度から取り組む必要性と全ては繋がっていることを再認識されられた
・MUJIの発想力・方向性等、仕事に活かしていきたいです
・共感できる部分がとても多かったです。思想的な部分も多く勉強になった
・デザインの文化が文明の退廃を防ぐ力があるということ
・地域のつながり、人々の交流の大切さをモノや空間、体験と通して活発になっていければいいと思った
・お話を聴きながら人生の目的がビジュアル化しました
・オーガニックのことだけでなく、無印の想いや考え、プライドの話が聞けて、さらに好きになりました

・有意義なセミナーでした
・楽しかった。感じの良い時間でした   等々

多くの皆様は、大変満足された晴れやかな笑顔だったことが印象的でした。

金井会長はじめ、スタッフの皆様に深く御礼申し上げます。
ありがとうございました。


この度、セミナーにご参加できなかった皆様へ
ぜひ、下記の書籍をお読み頂くとご理解いただけると思います。

●良品計画(金井政明氏)著書
『MUJIが生まれる「思考」と「言葉」』

より深く「MUJI」の思想について理解できるだけでなく、
個人や社会が幸せとなるヒントを頂けました(事務局:大塚)

【書籍のオンラインショップのリンク】
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/9784046022691

(JOCA事務局 大塚 記)

JOCA活動報告№59_5/8「海洋汚染とオーガニックコットンの役割-マイクロファイバー問題とテキスタイルの選択ー」

2019年5月8日 「海洋汚染とオーガニックコットンの役割 -マイクロファイバー問題とテキスタイルの選択ー」を すみだ産業会館にて開催いたしました。

ご協賛企業様,ご協力企業様のご協力もあり、大変多くの方がご参加下さいました。
お陰様で81名の集客となりました。皆様ご参加くださりありがとうございます。

 
   

<当日の資料データについて>
テキスタイルエクスチェンジ ラレー氏DATA NPO法人海さくら古澤純一郎氏DATA

<ご参加の皆様からご感想>
・ラレー氏も古澤氏も信念を継続させていくぶれない姿に感動した。
・海洋汚染についてやオーガニックコットン、SDGsについての関係性などとても理解できた。
・海洋汚染の要因の1つであるFiberを可能な限り、NaturalFiberに変更していく為の素材としてOCの貢献
・テキスタイル業界には詳しくないのですが、Textileと海のプラスチック汚染という組み合わせは新鮮でした。多くの方に環境負荷について考えて頂ける機会だと思います。
・その活動が重要なこと、当然のこととなることは目標であること、確認できた
・国内外の最新情報が伺えて満足しています。まず、国内の活動の底上げが出来たらと望むところです。
・環境問題とオーガニックコットンが密接していることをあらためて実感しました。”楽しむ”というのはとても大切だと思います。
・環境に興味ない人に行動を促すには正しい情報を伝え続けることが重要と感じました。
・マイクロファイバー、マイクロプラスチック中心の話で、今までのOC中心と異なって興味深く聞かせてもらいました。
・自分たちの事、街の事、自治体の事、地球の事、環境の事を想いやりとげる強い意思を強く感じました。
・Fashon Revolutionのイベントで「True cost」を見ました。本日参加して生活から出されたものが環境に及ぼしているか強い印象に残った。選ぶのも捨てるのも責任が必要だと感じます。
・沢山の切り口、きっかけがあり、想いは地球へ還ると感じました
・海さくらを初めて知り、海の汚れは街からという事実が忘れられない。日本は環境問題に興味を持たない人が多いと思うので政策やメディア、イベントなど様々な方向からアプローチが必要だと感じた

等々、ご協力ありがとうございました。

<イベント概要>
■共催:NPO法人日本オーガニックコットン協会(JOCA)/

              オーガニックテキスタイル世界基準(GOTS)
■協賛:らでぃっしゅぼーや環境保全型生産者団体 R a d i x の 会
■協力:テキスタイル・エクスチェンジ(TE)、一般財団法人22世紀に残すもの、一般財団法人森から海へ、ほか

 

■司会進行:三好智子: オーガニックテキスタイル世界基準(GOTS)
■ゲスト:ラレー・ペッパー氏:テキスタイル・エクスチェンジ 代表(逐次通訳あり)
             :古澤純一郎氏:NPO法人海のさくら代表
■パネルディスカッション:モデレーター渡邊、パネラー:ラレー氏、古澤氏

■モデレーター: 渡邊智惠子 :NPO法人日本オーガニックコットン協会副理事長、一般財団法人22世紀に残すもの理事、一般財団法人森から海へ代表、株式会社アバンティ会長

イベント概要ページ