JOCA活動報告№60_5/24セミナー「幸せな経済に向けて、オーガニックにできること」

2019年5月24日 株式会社良品計画 金井会長をお招きし、「中央区立環境情報センター」にて開催いたしました。

令和はじめての「真夏日」の中、お陰様で沢山ご来場(80名超)頂けました。熱心に耳を傾ける方や沢山の質問もあり、「無印良品」や「オーガニック」「幸せな経済」というキーワードへの関心の深さを感じられた。外のじめっとした強い日差しとは違い、会場内ではホッと心まで温まるような空気感に包まれていた。

<特別ゲスト>株式会社良品計画 代表取締役会長 金井政明 氏
https://ryohin-keikaku.jp/
ゲストプロフィール及びセミナー詳細

—————————————————————————————————–

「幸せな経済に向けて、
オーガニックにできること」

様々な視点でのお言葉の数々は、納得することばかりでした。
所感としてまとめさせて頂きました。


幸せですか?
本当に幸せでしょうか?

本当に大切なこととは何かを、自分自身に「問い」続け、
地道に知恵や活動を積み重ねる「生き方」を楽しみ、
そして、他者の役に立てたという「お陰様」という
実感こそが「幸せな人生」に繋がる。
「感じよく暮らし」生活が美しくなれば、
社会も教育も変わっていくと理解しました。

オーガニックコットンの将来は?

小さく丁寧に”オーガニック”を積み上げていくことが大切と思う。
簡単な統計的な数字でない、深いところを考えたロジックが重要。
すべて過剰な現代には、”希少なもの”って何かを考えたい。
意味になるくらいなものを作り、それが物語になった時に、
着るだけでないエモーションが起きてくる。
「小さくても小さくても丁寧に丁寧にやりましょう」

 

無印良品について、社会について、人間について、環境についてを丁寧に解説していただく中、今後の在り方(思想)について考えさせられる時間となった。

下記の通り、あらゆる環境や想いからセミナーにご参加頂いた皆様のメッセージからも感じられるように、金井会長より沢山の応援メッセージを受け取られたようです。
ご参加いただき、ありがとうございました。

●来場者からのアンケートのメッセージより

・なぜ無印良品がこれほど世界で愛されるのか理由がわかった
・諦めの「これでいい」と逃げている自分に改めて向き合わねばと思える時間でした
・また第2弾をお願いしたい。オーガニック以外の話が聞けたことが大変よかった
・無印良品のコンセプトを改めて感じると共に、”幸せ”について考えるきっかけとなった
・色々と考えさせられる内容で非常に面白かった
・良い暮らしや生き方を考える点で理にかなっていると思った
・普段知っているMUJIと全く知らないMUJIが知れて興味深かった
・オーガニックに関しては殆ど触れていなかったけれど、物事の改善は多角度から取り組む必要性と全ては繋がっていることを再認識されられた
・MUJIの発想力・方向性等、仕事に活かしていきたいです
・共感できる部分がとても多かったです。思想的な部分も多く勉強になった
・デザインの文化が文明の退廃を防ぐ力があるということ
・地域のつながり、人々の交流の大切さをモノや空間、体験と通して活発になっていければいいと思った
・お話を聴きながら人生の目的がビジュアル化しました
・オーガニックのことだけでなく、無印の想いや考え、プライドの話が聞けて、さらに好きになりました

・有意義なセミナーでした
・楽しかった。感じの良い時間でした   等々

多くの皆様は、大変満足された晴れやかな笑顔だったことが印象的でした。

金井会長はじめ、スタッフの皆様に深く御礼申し上げます。
ありがとうございました。


この度、セミナーにご参加できなかった皆様へ
ぜひ、下記の書籍をお読み頂くとご理解いただけると思います。

●良品計画(金井政明氏)著書
『MUJIが生まれる「思考」と「言葉」』

より深く「MUJI」の思想について理解できるだけでなく、
個人や社会が幸せとなるヒントを頂けました(事務局:大塚)

【書籍のオンラインショップのリンク】
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/9784046022691

(JOCA事務局 大塚 記)

JOCA活動報告№59_5/8「海洋汚染とオーガニックコットンの役割-マイクロファイバー問題とテキスタイルの選択ー」

2019年5月8日 「海洋汚染とオーガニックコットンの役割 -マイクロファイバー問題とテキスタイルの選択ー」を すみだ産業会館にて開催いたしました。

ご協賛企業様,ご協力企業様のご協力もあり、大変多くの方がご参加下さいました。
お陰様で81名の集客となりました。皆様ご参加くださりありがとうございます。

 
   

<当日の資料データについて>
テキスタイルエクスチェンジ ラレー氏DATA NPO法人海さくら古澤純一郎氏DATA

<ご参加の皆様からご感想>
・ラレー氏も古澤氏も信念を継続させていくぶれない姿に感動した。
・海洋汚染についてやオーガニックコットン、SDGsについての関係性などとても理解できた。
・海洋汚染の要因の1つであるFiberを可能な限り、NaturalFiberに変更していく為の素材としてOCの貢献
・テキスタイル業界には詳しくないのですが、Textileと海のプラスチック汚染という組み合わせは新鮮でした。多くの方に環境負荷について考えて頂ける機会だと思います。
・その活動が重要なこと、当然のこととなることは目標であること、確認できた
・国内外の最新情報が伺えて満足しています。まず、国内の活動の底上げが出来たらと望むところです。
・環境問題とオーガニックコットンが密接していることをあらためて実感しました。”楽しむ”というのはとても大切だと思います。
・環境に興味ない人に行動を促すには正しい情報を伝え続けることが重要と感じました。
・マイクロファイバー、マイクロプラスチック中心の話で、今までのOC中心と異なって興味深く聞かせてもらいました。
・自分たちの事、街の事、自治体の事、地球の事、環境の事を想いやりとげる強い意思を強く感じました。
・Fashon Revolutionのイベントで「True cost」を見ました。本日参加して生活から出されたものが環境に及ぼしているか強い印象に残った。選ぶのも捨てるのも責任が必要だと感じます。
・沢山の切り口、きっかけがあり、想いは地球へ還ると感じました
・海さくらを初めて知り、海の汚れは街からという事実が忘れられない。日本は環境問題に興味を持たない人が多いと思うので政策やメディア、イベントなど様々な方向からアプローチが必要だと感じた

等々、ご協力ありがとうございました。

<イベント概要>
■共催:NPO法人日本オーガニックコットン協会(JOCA)/

              オーガニックテキスタイル世界基準(GOTS)
■協賛:らでぃっしゅぼーや環境保全型生産者団体 R a d i x の 会
■協力:テキスタイル・エクスチェンジ(TE)、一般財団法人22世紀に残すもの、一般財団法人森から海へ、ほか

 

■司会進行:三好智子: オーガニックテキスタイル世界基準(GOTS)
■ゲスト:ラレー・ペッパー氏:テキスタイル・エクスチェンジ 代表(逐次通訳あり)
             :古澤純一郎氏:NPO法人海のさくら代表
■パネルディスカッション:モデレーター渡邊、パネラー:ラレー氏、古澤氏

■モデレーター: 渡邊智惠子 :NPO法人日本オーガニックコットン協会副理事長、一般財団法人22世紀に残すもの理事、一般財団法人森から海へ代表、株式会社アバンティ会長

イベント概要ページ

 

JOCA活動報告№59②_5/8NPO法人海さくら 古澤純一郎氏の活動ご紹介

2019年5月8日(水) 「海洋汚染とオーガニックコットンの役割 -マイクロファイバー問題とテキスタイルの選択ー」を すみだ産業会館にて開催いたしました。
お陰様で81名の集客となりました。皆様ご参加くださりありがとうございます。

イベント概要

★当日の古澤氏の資料を下記に添付いたします。

<NPO法人海さくら>代表古澤氏ブログ
http://blog2.umisakura.sub.jp/?day=20190509

PDFダウンロードはこちらから

 

JOCA活動報告№59①_5/8Textile Exchange代表ラレー氏来日記念トークショー

2019年5月8日(水) すみだ産業会館にて
「海洋汚染とオーガニックコットンの役割 -マイクロファイバー問題とテキスタイルの選択ー」を開催いたしました。
お陰様で81名の集客となりました。皆様ご参加くださりありがとうございます。
★イベント概要ページ
http://joca.gr.jp/event_tokubetu19/
★当日のラレー氏の資料を下記に添付いたします。

PDFダウンロードはこちらから

 

JOCA活動報告№58_アースデイ東京2019_4/20.21

2019年4月20日、21日 代々木公園にて、
アースデイ東京2019を開催いたしました。

お蔭様で晴天に恵まれ、アースデイ事務局によると二日間で11万のご来場と発表がありました。

会場の代々木公園は気持ちのよい風になびくアーティストTシャツも大変人気がありました。

今年は、会員様の提供品の販売しました。

そして、目玉商品として「オーガニックコットン苗」販売したところ、大変多くの皆様より注目して頂けました!