JOCA活動報告No.54

20181020

「オーガニックコットン販売士資格検定講座」農場工場見学ツアー報告

10月20日(土)秋晴れの中、第5期オーガニックコットン販売士資格検定講座の農場工場見学ツアーが開催されました。 本講座受講生(24名)のうち、今回のツアー参加者は18名。山梨県南アルプスオーガニックコットンPJ.(栽培の現場)と、小林メリヤス株式会社のニット工場(製品生産の現場)を訪れ、7月の座学講座で学んだ知識を確認し体得していく貴重な経験となりました。

<天ぷら油バスで行く!オーガニックコットンツアー!!>
今回はオーガニック&エコな旅を目指し、天ぷら油リサイクルバスでの南アルプスへ。この天ぷら油バスは、ご家庭で揚げ物などに使った植物油・または消費期限切れの油などを、捨てずにリサイクルし、きちんと精製すると、BDF(バイオ・ディーゼル・フューエル)という植物性ディーゼル燃料になります。これを通常のディーゼル車に給油し、燃料として走るバスです。
当日、新宿発着にての移動は、季節柄の行楽シーズンによる渋滞があったものの通常と変わらない快適な乗り心地でした。

<南アルプスオーガニックコットンpj.農場見学>
南アルプスインターより車で15分程の「南アルプスオーガニックコットンPJ.」にて、代表の田中良治様よりご案内いただきました。IT系会社を経営者でもある田中さんは、三重県より南アルプスに移住され、田頭地区にある遊休農地でオリーブ畑をICT(情報通信技術)化することにより、高齢者がオリーブ栽培家として現役に戻ることで遊休農地の解消にも取り組めるような六次産業化を目指されています。当日もできたばかりのオリーブ漬けを試食させて頂きました。また、ホースラディッシュ、ゴマ、オーガニックコットン栽培をスタートし、今回見学させて頂いたコットン畑は、約70平方メートルの広さに、アルバデロスやアップランド、ジャンボ、アカ、ミドリの5種類を、マルチ有り、マルチ無し、畝の幅や高さ等などの様々な栽培方法を試み、今は効率的な収穫方法にチャレンジする時期と仰っていました。実際、畑にはふわふわのコットンボールが実り、ご厚意により収穫体験もさせて頂きました。


昼食は、山梨名物の「かぼちゃほうとう」を舌鼓。



 

<小林メリヤス㈱工場見学>
昭和24年の創業以来、ベビー・子供服の専業メーカーとして国内生産を続けておられる「小林メリヤス株式会社」で木村社長のレクチャーと工場見学をしました。会社の創業エピソードやCofucuブランドについて、GOTS認証を取得している生産管理体制、ものづくりへの情熱などをお話しいただいた後、工場の各生産工程現場を回りました。





50年以上大事にメンテナンスしながら現役で活躍する機械や先端のCADシステム、従業員の方の熟練技術が合わさって一つ一つの行程を経て完成する製品。効率的な動線や安全性確保のための設備配置など、細かなところまで計算された工場内は、明るくて清潔。 あらためて安全性、衛生面、高品質が求められるベビー衣料生産工場であることを納得させられました。

ニット製品生産には欠かせない工程であるリンキング。作業する熟練の方のスピードに皆ビックリ。何人か希望して指導を受けながら試しの作業をさせてもらいましたがかなり困難で、担当されている方々のスキルがどれほど凄いものかをあらためて知りました。
従業員の皆様には作業中に大勢で見学したにも関わらず、丁寧に、優しく、それぞれの行程を説明いただき、質問にも分かりやすく答えていただき、本当に感謝です。

いつでも工場内の社員の方々が見れる場所に、ロヒンギャ難民の子供たちが笑顔で写るフォトジャーナリスト安田 菜津紀さんの写真が飾られています。
”自分たちの仕事や生活が、地球の誰かに繋がっていることを意識してほしい。”という木村社長の言葉が印象的でした。

お蔭様で晴天に恵まれ、座学で履修した知識を現場で確認できる、大変貴重な体験ができた今回のツアーでした。販売士としてこの経験を生かして皆が活躍してくれることを期待しています。

*天ぷら油バス
https://reborn-japan.com/information/6434
*南アルプスオーガニックコットンpj.
https://www.facebook.com/pages/category/Product-Service/%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3pj-196139654359397/
*小林メリヤス㈱
http://kobameri.co.jp/company/
*甲州ほうとう小作竜王玉川店
http://www.kosaku.co.jp/tenpo-ryuuoutamagawa.html

JOCA活動報告No.53

2018922-23

第3回オーガニックライフスタイルEXPOに出展しました。

今年3回目となる人気イベントは、テーマ「集い、繋がり、交流し、さらなるオーガニックワールドの創造を」。
昨年に引き続き、東京国際フォーラム展示全ホールEで開催され、二日間で2.4万人の来場者で大盛況でした。
JOCAは2つのブース出店。1つは「オーガニックコットンエリア」でJOCA/GOTSブース、もう1つは今年の新しい試みの「クラフトマーケットブース」内の出展となりました。

🔲アーティストTシャツの壁面展示
オーガニックコットンエリア全体に、100アーティストTシャツのうち、70枚が壁全面に飾られ大変迫力!!

🔲JOCA/GOTSブース
「オーガニックコットンエリア」では2つのコーナーを展開。
1つはJOCAとGOTSで1小間、もう1つは昨年度アワード受賞2団体の活動紹介ブースとして1小間、あわせて2小間。

まず、JOCA/GOTS合同コーナーは、主に活動の紹介とアーティストTシャツの販売を行い、迫力ある壁面での展示に近いブースとなったお陰で今までで一番の売上となりました。

*オーガニックコットン アーティストTシャツ Webショップ
http://joca.shop-pro.jp/

*JOCAオーガニックコットンアワード
http://www.iwaki-otentosun.jp/cotton/

🔲昨年度アワード受賞2団体の紹介コーナー

●南伊豆オーガニックコットンプロジェクトhttp://www.town.minamiizu.shizuoka.jp/docs/2018042300031/
「南伊豆オーガニックコットンプロジェクト」では、壁面・DVDを使った活動紹介や、先着順でアンケートとオリジナルストラップをプレゼントされる企画では大勢の方が参加され大変活発でした。

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト
http://www.iwaki-otentosun.jp/cotton/
「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」では、綿繰り、糸紡ぎの技術を各種道具でわかりやすく指導して下さり、懐かしむ世代からお子様、海外の方も大変好評でした。また、オリジナル商品も販売された他、10/7開催の全国コットンサミットいわきの告知等も熱心でした。

🔲クラフトマーケットエリアに出展

今年のイベントの目玉である「クラフトマーケットエリア」は、オーガニックコットンを使ったハンドメイド作家さんやオーガニックコットン生地、糸などが展開された。
JOCAブースでは、会員様の展示とご紹介やご提供品の販売コーナー、オーガニックコットンでつくるオーダーメイドスーツの紹介をいたしました。
ハンドメイド好きな女性はもちろん、男性の方も多く、おかげさまで大変盛況となり、小さいブース内は、ひっきりなしにお客様が興味深くご覧いただき、会員様の提供品の販売も好調で、あっという間にカタログの在庫もなくなるほどでした。

JOCA会員様展示品と提供品

*㈱アールトップ http://www.r-top.co.jp/
*川崎リボン㈱ https://kawasaki-ribbon.jp/
*更新㈱   (HPはありません)
*小林メリヤス㈱ http://kobameri.co.jp/
*大正紡績㈱ http://www.taishoboseki.co.jp/

オーガニックコットンでつくるオーダーメイドスーツ
繊維ニュースさんより取材いただきました。

*ニュース 繊維新聞記事

*Trois Points∴ 新井泉さん(2017年度オーガニックコットン販売修了生)
https://www.instagram.com/trois_points_izumi/

今年は、2つの異なる展開のブースが離れていたこともあり、スタッフも他のブースを見学できないほどの盛況ぶりでした。
なお、ほかのブースでは会員の皆様も多く出展され、(アバンティさん、きさらぎさん、チームオースリーさん、ぬくぐるみさん、ココナさん)よい交流の場となりました。
また、今年は、販売士の方がボランティアで参加して頂いたこともあり、大変有意義なイベントでした。
来年は、8月はじめ新宿での開催となります。
毎年、新しい展開が広がるイベントです。ご期待ください。

JOCA活動報告No.52

2018107

全国コットンサミット2018 in 福島いわき 参加レポート

2018年度の「全国コットンサミット2018 in 福島いわき」が10月7日(日)、福島県いわき市のいわき産業創造館を中心に開催されました。
今回のコットンサミットの特徴は、行政主導ではなく行政の協力を得つつも、地元のNPO中心のコットンサミット in福島いわき実行委員会がすべての段取りを整え、開催したところにあるといえます。福島という、被災の傷が長期にわたって癒えない社会で、それぞれ複雑な立場を抱えながら、まさにオール福島を目指して1年掛かりの作業に取り組まれたことに、心から敬意を表したいと思います。



また、前日に首都圏から出発して会津木綿の織元や綿の栽培地を巡るツアーバスが用意されたり、サミット翌日には福島浜通りの栽培地や原発周辺の今を知るスタディツアーも組まれたりと、企画性と社会性に富んだ特別なサミットとなりました。



JOCAとしては、オーガニックコットンアワード2018 を3団体に授与(アワードについては別記参照下さい)するとともに、サミット分科会では、オーガニックコットンとは何かというテーマで森理事長が講演し、ふくしまオーガニックコットンプロジェクトの社会への貢献についてもお話をさせて頂きました。また、東京からのツアーとスタディツアーにおいてはコットンならびにコットン栽培の基本についてのお話をさせて頂きました。福島におけるコットンサミットを通じてオーガニックコットンがより良く理解される手助けになればと思う次第です。(竹内理事記)

アワード詳細はこちら

JOCA活動報告No.51

2018年7月12日-13日

「オーガニックコットン販売士資格検定講座」第5期 24名が受講しました。

今回で第5期目となる当講座。 今期から講義内容をよりオーガニックコットンに関わりのある現場に近い講義内容とし、また、学生の方が参加しやすいように「学割制度」をもうけ、資格取得者と企業様とのマッチングができるよう「インターシップ制度」も用意しました。おかげさまで、昨年より受講生も増え、これまでの最高24名となりました。大学生4名を含め、企業はもちろん、一般からのご参加も多く見受けられました。
講師陣も、新しい情報も加えながら、より深く知識を深めて頂けるようテキストづくり、レジュメ、副資料をまとめて各講座にとりくまれていました。

 




 

初日は基礎知識編。はじめに受講生それぞれが受講のきっかけやオーガニックコットンへの思いなどを自己紹介しながら語っていただきました。オーガニックコットンの綿という原料について、その栽培、産地等詳細な知識、認証、ものづくりまで、3名の講師に加え、ものづくりでは、実践講座として現場に携わる3名の企業を講師としてお迎えしました。

 




 

2日目はファッションジャーナリストの生駒さんによる最新ファッション動向情報をふんだんに盛り込んだ講義。エシカル視点でのオーガニックコットンの位置づけを学びました。
午後は早速筆記試験。学んだばかりの知識を確認しながら、各設問に皆真剣に答えを書き込んでいました。 その後グループワークでテーマ別に意見交換し、グループごとに発表する時間がとられました。

 





 

今回は、初日に受講生の自己紹介からスタートしたためか、グループワークも盛り上がるだけでなく、昼休みや休憩などでお互いに親しくなって、和気あいあいな雰囲気だったためか、例年より講師への質問をする人も少なかったように見受けられました。

 


 

この講座で資格を得て、すぐに生かせる販売の現場から参加した人、今後の業務で役立てようとする人、これから何かを発信、企画していこうという人、それぞれが今後のオーガニックコットン市場の成長につながっていくことを期待しております。
10月には工場・農場見学があります。最終レポートを提出し、全員が試験に合格して資格を取得し、様々な分野で活躍してくれることを願っています。

JOCA活動報告No.50

2018年5月24日

JOCAセミナー2018「SDGsで自分を変える、未来が変わる。」
JICA地球ひろばにて開催しました!

2015 年秋に国連で採択されたSDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals-持続可能な開発目標)とは、世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットです。国連ハイレベル政治フォーラムの日本政府プレゼ ンやレセプションをプロデュースしたSDGsのエキスパート株式会社博報堂DYホールディングスの川廷昌弘氏に講演して頂きました。また、GOTS地域代表の三好智子氏より「SDGsとオーガニックコットンが貢献できること」のプレゼン発表もあり、続けて、学生や大学教授、一般企業、オーガニックコットンに携わる方等の参加者の皆様とディスカッションとなりました。「社内でSDGsやオーガニックコットンについて理解してもらうには・・・」や「日常の生活での取り入れ方」など、多くの様々なご意見等で盛り上がりました。

 

会場写真