JOCA活動報告No.36

2016年9月25日

2016全国コットンサミットin信州高山(村制施行60周年記念)参加レポート

2年ぶりの全国コットンサミットが信州高山で開催され、JOCAもオーガニックコットン・アワード表彰式のため、竹内宏規理事と参加しました。

この高山村は岐阜県の飛騨高山とは違います。長野県の北東部の山村で、農業と観光がメイン、特に松川渓谷沿いの温泉は人気があり、村の中央から西の扇状地の斜面は日当たりが良く、千曲川に向かって農地が広がり、リンゴ、ブドウ、ワイン用ブドウが有名で、広い畑が続きます。ここに信州大学と共同で綿花栽培を広げています。 東西18キロ、南北11キロ、およそ100平方キロの85%が森林原野、人口は7,245人(戸数2,421)。西側は須坂市や小布施町になり家並みも車も多いですが、高山村は自然がいっぱいの高原です。

サミットは村役場に近い高山村保健福祉総合センター「チャオル」という施設で平成28年9月25日、日曜日、午後1時から開催されました。 主催は2016全国コットンサミットin信州高山実行委員会。
第1会場がメイン会場で、アトラクション、開会挨拶の後、全国コットンサミット実行委員会会長であり、JOCA理事でもある近藤健一、イッセイミヤケ取締役の皆川魔鬼子両氏による、「世界に通じるエシカルファッション、エンジニアとデザイナーによる未来のライフスタイルの展望」と題された基調講演がありました。
地元高山中学校3年生の綿花栽培の発表の後、近藤氏がコーディネーター、パネリストに下坂誠氏(信州大学繊維学部長)、高澤史納氏(高澤織物専務)、皆川魔鬼子氏(イッセイミヤケ取締役)久保田勝士氏(高山村長)を迎えてパネルディスカッションも開催されました。
そしてJOCAアワード表彰式を行い、今回大賞を受賞にはふくしまオーガニックコットンプロジェクト、奨励賞の和綿倶楽部、境港市農業公社、コミュニティワークスが選ばれたことを発表し、代表者の方に表彰状をお渡ししました。
アワード詳細はこちら
http://joca.gr.jp/organic_cotton_award2016_grandprix/

第2会場では綿繰り体験、手芸体験などが行われ、第3会場は販売ブースとして、ふくしまオーガニックコットン
プロジェクト、しまなみコットンファーム、タビオ奈良、アバンティ、JAながの青年部高山支部、などが出店。また
信州大学繊維学部、須坂園芸高校、須坂創成高校などの展示ブースもありました。
広いモダンな会場に大勢の参加者が集まり、日本の綿花栽培もかなり盛んになってきたなと感じました。それぞれ気候や土壌、栽培品種が違い、雑草、病虫害に苦労し、製品化でもいろいろな取り組みを模索していました。

次回2017年は兵庫県加古川市まで決まっていましたが、その次2018年は未定、ところが交流会で近藤会長、松下事務局長とザピープルの吉田恵美子さんが話し合い、2018年を福島開催で即決で決まりました。

交流会のあと、山田温泉の風景館という古い温泉旅館に一泊、翌日朝食後、峡谷を眼下に眺める仙人の露天風呂に入り、帰京。25日は早朝から高山に向かい、夜までの会合で疲れて、風邪をひき咳が2週間近く続いたので、レポートが遅くなってしまいました。
でも、サミットではいつもながら大勢の人たちと名刺交換し、いろいろな情報交換ができました。JOCAの評価、役割が少しずつ認識されるようになりました。日本での綿花栽培とその製品化にお役に立てたらうれしいですし、JOCAプラットフォームへの参加も増えてくれたら良いと思いました。

 

会場写真

cimg0646_r

cimg0647_r

cimg0652_r

cimg0680_r

cimg0711_r

cimg0717_r

cimg0719_r

cimg0737_r

cimg0755_r

cimg0766_r

 

JOCA活動報告No.35

2016年9月14日

「匠から学ぶ ~ 繊維の加工とは何か?」幕内宣文セミナーを開催しました

匠セミナー第3回目繊維の加工についての講演でした。 大手紡績会社の加工の現場で長く培われてこられた幕内さんの丁寧な解説はとても分かりやすいものでした。原綿や糸に施される様々な加工、何が適切で、何が求める仕上げに必要な加工か。加工と仕上げの仕組みや技術を、製品サンプルを交えて勉強しました。

 

会場写真

takumi3-1

takumi3-2

takumi3-3

takumi3-4

JOCA活動報告No.34

2016年7月21日

「匠から学ぶ ~ 素材の特徴を知り、組合せの妙を学ぶ」近藤健一セミナーを開催しました

匠セミナー、今年度第2回目は、オーガニックコットンといえばこの方という近藤健一さんの講演。 近藤さんの人柄が前面に出たわかりやすく、楽しいお話は毎回聴衆を引き込みます。 開演前も休憩中も終了してもすぐに近藤さんの周りには挨拶や質問で人混みができてしまう。 世界中のオーガニックコットンを知り尽くした近藤さんのリアルな産地情報やそこで働く人々のお話しを聞き、参考資料として持ち込まれた沢山の原料・素材サンプルや製品にも触れることができる素晴らしい機会になりました。 若い人たちにもっとオーガニック素材に興味を持ってほしい、ちゃんと良さを分かってほしいという近藤さんの思いは十分に伝わったのではないでしょうか? 雨の中ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

写真

20160721-1

20160721-2

20160721-3

20160721-4

JOCA活動報告No.33

2016年6月30日

跡見学園女子大学に出張セミナーに行きました!

第3期 8名が受講しました。

マネジメント学部、生活環境マネジメント学科の宮崎先生のゼミに招待され、JOCAの森理事長がオーガニックコットンについての講義を行いました。 まず理事長が持参した各国の様々な綿に直接触れて、それぞれの特徴を体感することから始まり、現在の世界の生産状況やそれを取り巻く環境についての講義となりました。 殆どの生徒が映画The True Costを観ていて、ファストファッションの台頭が開発途上国に及ぼしている影響についての知識があり、身近なファッション素材、コットン製品をもっと多面的に知ろうとしている姿勢が感じられました。 海外の産地や工場の写真を見ながら現地訪問時の理事長のこぼれ話もあり、皆興味津々で楽しい講義となりました。オーガニックコットン製品は興味があるけれど、なかなか高価格で買えないという声もありましたが、私たちはこんな形で若い人たちにまず興味を持ってもらい、商品が認知度を増し、企画側も積極的に商品化しやすくなり、製品の市場が拡大し、生産量も増え、最終的に購入しやすい価格になっていけば良いと思っています。 事務局でももっと若い人たちへの啓蒙活動を行っていきたいと思います。宮崎先生、貴重な機会をいただきありがとうございました。

 

写真

atomi1

atomi2

 

JOCA活動報告No.32

2016年6月23日-24日

「オーガニックコットン販売士資格検定講座」

第3期 8名が受講しました。

今回で第3期目となる当講座は今年から座学を2日間集中して行う形式になりました。 「素材の基礎知識」のおさらいから「栽培」「認証」「モノづくり」そして「販売スキル」まで、朝から夕方までみっちり講義を受け、筆記試験、面接試験も行いました。 終了までにあと栽培地見学が課せられています。 多くの情報と細かい解説、ビジュアル資料や素材、製品の現物を参考にしながらの講座は小規模だけに密で、受講生からの様々な質問や疑問に各講師たちは丁寧に答え対応していました。 オーガニックコットン製品については、商品を購入されるお客様方がそれなりに知識を持っていて、専門的な質問をされることが店頭で多く見られます。 また一方でイメージが先行して正しく理解されていないことも多いのも事実。単なる商品説明だけでなく、オーガニックコットン製品はその背景にある環境問題や生産者の思い、製品化されるまでのストーリーも含めてお客様にお伝えして販売し、ファンを増やしたい商品です。 そんな思いを共有する講師たち、事務局の気持ちを込めて本講座を開講しています。  販売士として正しい知識を身に着け、販売につなげたい思いで受講された皆さんにはこれから店頭で、営業の場で、受講したことがきっと役立ち、大きな力となるでしょう。

 

会場写真

2016062324-1

2016062324-2

2016062324-3

2016062324-4

2016062324-5

2016062324-6

2016062324-7

2016062324-8

2016062324-9

2016062324-10