【イベント】2016 「匠から学ぶ」セミナー

Made in Japanは、どこが違うのか?

日本オーガニックコットン協会は、日本の質の高い製造技術を継承し、これからの繊維業界の宝として活かしていく必要があると考えています。日本のモノづくりにかかわる人達を応援しています。

当協会の財産ともいえる匠たち、次世代をリードする巨匠たちが、Made In Japan の魅力を存分に語る場、それが「匠から学ぶ」セミナーです。多くの方たちに匠たちからの知識や技を受け継いで頂きたい。

皆様のご参加をお待ちしています。

 

2016年度第四弾11月24日(木)
ニットの魅力を語る

一本の糸が、編み方ひとつで、伸縮性のある生地になったり、身体を柔らかく包む優しい風合いになったり。 ニットには様々な可能性と魅力がある。
生産の手法によっての違いはどんなふうになるのか。

丸編みと横あみの製品がなぜロットが違うのか。ロック仕上げとリンキング(横編み独自の手法)の違いはどの段階から違うのか。
その仕上がりは、製品の品質にどのような影響を及ぼすか。

ニット製品ならではの特徴を、生産の工程から理解することでこれからの製品開発や販売のヒントが得られる。
GOTS認証を取得し、地元のオーガニックコットン栽培やその製品開発にも関わるベビー服の小林メリヤスの木村社長によるセミナーが、匠セミナー初登場です。

活動報告 

 

開催スケジュール

11月24日(木) 匠:木村彰 「ニットの魅力を語る」
時間:午後1時30分(会場・受付) 午後2時(開演)~午後4時30分
場所:文化ファッションインキュベーション渋谷 10階スペース4

 

参加費(税込)

各講座         一般 6500円 会員 5000円 学生 3500円
※日程の詳細、変更などJOCA ホームページでご確認ください。
http://joca.gr.jp/

申込書はこちら 

 

お問合せ

NPO法 日本オーガニックコットン協会
〒160-0015 東京都新宿区大京町29 作道ビル302 TEL/FAX:03-3341-720
email: office@joca.gr.jp